Original

若者雇用促進法とは|「新卒採用」用語集

若者雇用促進法とは

若者雇用促進法とは、若者の雇用の促進を図り、若者が能力を発揮できる環境を整える為、適している仕事を探すことや職業能力の開発や向上の支援を目的とした法律です。

日本における少子化の影響で、労働人口がどんどんと減っており、若者の雇用実態が厳しくなっているため、その中でもしっかりと雇用されてかつ、仕事の能力を向上させようと、平成27年の10月1日に施行されました。

企業側は、就活生に対して、

・募集・採用に関する状況

・職業能力開発・向上に関する状況

・企業における雇用管理に関する状況

の3つの情報を提供する必要があります。

 

この内容で送信します。よろしいですか?