用語集

休業手当とは|「新卒採用」用語集

休業手当とは

まず休業とは、仕事の量が少なくなったため休ませた場合やストライキなど使用者から労働義務を免除された日のことを指します。

その休業の際に社員が働いていなくても手当が支払われる制度が休業手当です。

労働基準法26条で

『使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の百分の六十以上の手当を支払わなければならない』

とされており、使用者の責任で発生した休業に対して60%以上の手当の支払いを義務づけています。

関連記事

  • この記事を書いた人

橋本 大祐

-用語集
-

© 2020 SAIYO