Original

人事・採用担当に求められる「能力・スキル」とは|TOP10をご紹介!

そもそも人事の業務内容とは?

人事は採用だけが仕事だと勘違いされることも多いですが、人事の仕事はとても幅広いです。
例えば、新卒・中途採用業務、それから人を雇った後に行う研修・教育業務、人事考課、勤怠管理など
会社によっては、総務と呼ばれる方がいて、分業している企業もあると思います。

今回は、その中でも採用業務に焦点を当て、必要な能力・スキルをご紹介します。

採用業務において必要な能力・スキルとは?

上記表は、HR総合調査研究所は2012年12月7日~20日にかけて「人事のキャリアに関するアンケート調査」で発表された
人事の業務別に必要な能力スキルTOP10です。(参照:東洋経済ONLINE http://toyokeizai.net/articles/-/13137)

第1位:コミュニケーション能力
第2位:情報感度
第3位:プレゼン力
第4位:企画戦略立案力
第5位:社内人脈
第6位:調整力
第7位:情報収集力
第8位:社外人脈
第9位:カウンセリング力
第10位:経営感覚

やはり、人と向き合う仕事なので、コミュニケーション能力はもちろんのこと、カウンセリング力も第9位に入っています。
また、採用においては、求職者に自社に興味を持ってもらう必要があるためプレゼン力が第3位、
事業理解や求職者に合った社員を面接・面談にアサインして興味度合いを引き上げる必要もあるため、社内人脈も上位にランクインしております。

最後に

人事のお仕事は、会社において大切な経営資源である「人」を支えるお仕事です。
上の人事に必要な能力しかり、自分自身の強み・弱みをしっかり把握した上で、強みを発揮し、弱みを改善することによって、
日々スキルアップを計っていきたいですね。

この内容で送信します。よろしいですか?