お役立ち記事

新卒採用活動で、会社説明会やセミナーの動員数を増やす3つの方法とは

新卒採用活動で、会社説明会やセミナーを開催する企業も多いでしょう。

その中で『集客』がうまくいかないというのは、よくあるのではないでしょうか。

今回は、会社説明会やセミナーで集客・動員数を増やす3つの方法をご紹介します。

目次

 1.会社を認知してもらう

 2.就活生が参加したいと思えるようなイベントを企画する

 3.セミナー参加者にメリットを提供する

1.会社を認知してもらう

誰もが知っている大企業であるなら話は別ですが、そうでないならまず自社を知ってもらう為の行動を起こすことが重要です。

自社のホームページを作成するのはもちろん、就活生向けのメディアで特集記事を作ってもらったり、ブログやTwitterなどのSNSで自社のアカウントを作って、積極的に情報を発信していく必要があります。

どんなにいい会社であっても、まず認知されないと集客はできません。

そのためにはきちんと情報発信をしていく必要があります。

2.就活生が参加したいと思えるようなイベントを企画する

ただ会社のことを説明するだけでは就活生は集まらず、たとえ集まったとしても自社は就活生の印象にはあまり残りません。

セミナーの動員数を増やしつつ就活生の印象に残るようにするには、「採用する」という意識をいったんはずして、就活生とセミナー主催者が一緒になって楽しめるイベントを開催することがオススメです。

そうしたイベントが開催できると、就活生たちも参加してみたいと思い、動員数を増やすことができます。

3.セミナー参加者にメリットを提供する

現在の就活生は自身を取り巻く経済状況や情報量などによって、コストパフォーマンスを重要視しています。

セミナーや説明会に参加することは相手の時間を拘束するということでもあるため、実入りの少ないセミナーをおこなうと「コストパフォーマンスの悪い会社」と見なされて敬遠されかねません。

ですが、その拘束した時間よりも大きなメリットを就活生に与えられれば、その活動が評価されてセミナーの動員数は増えていきます。

与えられるメリットとしては

「今後の就職活動に役立つ情報を与える」

「実際に働いている社員の生の声を聞かせることができる」

「業界やその会社独自の裏話について情報が得られる」

「希望する職種での働き方をイメージできる」

などがあげられます。

以上、会社説明会やセミナーの集客・動員数を増やしていくための3つの方法をご紹介いたしました。

他にも、アイスブレイクや会社説明会のアンケートなどの記事をまとめていますのぜ、ぜひご覧ください!

関連記事

  • この記事を書いた人

橋本 大祐

-お役立ち記事
-

© 2020 SAIYO