お役立ち記事

採用面接における面接官の5つの心得と6つの役割とは?

 面接官は、会社を代表して応募者と話し、応募者が自社にふさわしいか活躍できるのかを評価・判断する大事な仕事です。

面接官の態度や質問によって、応募者の反応やイメージも大きく変わるため、採用活動における面接官の役割は非常に大きいと言えます。

今回は、面接を行う意味から面接官の役割と心得をご紹介します。

目次

 面接を行う目的

 面接官の役割

 面接官の心得

面接を行う目的

 面接とは、直接対面で企業側が応募者の見極めと応募者側のアピールや自己紹介など相互認識を深め、その企業に入社できるかどうかを判断されるものです。

採用活動において、面接を行わない企業はほとんどないと言われるくらい、面接は採用活動において欠かせないものです。

その面接を行う目的は、大きく2つあります。

1.応募者の評価する・見極めるため

 書類面接や学力試験では見ることができない、人となりや性格・適性など、直接面と向かってお話することでより、応募者の評価や見極めを行うことができます。

2.ミスマッチを防ぐため

 優秀な人材かどうかだけでなく、会社のミッションやビジョン、思いに共感しているのかや、応募者も本当に会社に入りたい・活躍したいと思っているのかを直接確認することで、ミスマッチをある程度防ぐことが可能となります。

面接官の役割

 採用活動における面接官にはどのような役割があるのでしょうか。

考えられる6つの役割をご紹介します。

1.応募者の本当の力や想いを引き出すこと

2.応募者を決められた評価項目に沿って評価すること

3.自社の良さや魅力、事業内容や想いの情報を応募者に提供すること

4.採用要件、評価項目に沿って応募者を評価すること

5.面接の内容や評価を人事・次の面接官に繋ぐ・伝えること

6.応募者の思いや決断を支援すること

の6つが面接官の役割です。

面接官の心得

 面接官は、応募者は人生をかけて面接に挑んでいるため、それ相応の覚悟と準備を持って面接に臨む必要があります。

面接官は次の5つを心得として、面接を行いましょう。

1.会社の顔、代表して面接を行なっている自覚を持つ

2.応募者に対して敬意を払う

3.面接官も応募者に評価されている

4.応募者が力を出せる環境を用意する

5.自分の好き嫌いではなく、会社の成長のためにという視点で面接を行う

他にも面接関連の記事を多数後悔しております。

ぜひ、ご覧ください!

関連記事

  • この記事を書いた人

橋本 大祐

-お役立ち記事
-

© 2020 SAIYO