Original

入社式の内容・流れとは?ユニークな入社式事例5選

企業で新卒で入る新入社員を対象に実施する「入社式」。

新入社員にとっては人生で初めての会社で実施される最初のイベントということもあり、非常に思い出に残るイベントの1つになる程、重要なものです。

採用担当者の方も、自分で採用した方々が入社してくれるのはとても嬉しいですよね。

今回は、人事・採用担当者の方が、入社式を実施する上で知っておきたい、日程や内容、そしてユニークな入社式を実施している企業の事例をご紹介いたします。


目次

入社式とは

入社式の日程はいつ?

入社式の内容

ユニークな入社式事例
 1.三菱鉛筆株式会社
 2.カゴメ株式会社
 3.オイシックス株式会社
 4.株式会社コロンブス
 5.鳥羽水族館

まとめ


入社式とは

その年に入社する新入社員が入社する節目に行われる、経営者からの訓示や辞令交付が行われる儀式です。

新入社員にとっては、社会人になって初めてのイベントとなり、決意を新たに参加されると思われますので、人事の方々もきちんと準備をして臨みましょう。

最近では、「合同入社式」という、複数の企業の新入社員が参加する入社式が実施されることもあるとのことです。


入社式の日程はいつ?

入社式は4月に入って1番最初の平日に実施されることが多いですが、3月末に実施する企業もあるとのことです。

明確に時期は決まっておらず、基本的に新入社員が最初に出社する日に実施されます。


入社式の内容

入社式の内容はそこまで内容がたくさんあるわけではなく、

・社長・経営陣などからの訓示


・新入社員代表挨拶


・新入社員の自己紹介(企業規模や新入社員の数にもよります)


・社内規定などの説明

が基本的な内容となっております。


ユニークな入社式事例

続いて、入社式の中でも少しユニークな入社式を実施している企業の事例をご紹介します。

自社の文化を感じてもらうことや、入社式に特別な思い出を残してもらうためなど様々です。

1.三菱鉛筆株式会社


(引用元:文具のとびら

三菱鉛筆株式会社では、「鉛筆削り入社式」を実施しております。

実際に、先輩社員の前で、小刀を使って、鉛筆削る作業を行います。

その後、鉛筆削りのコツのレクチャーがあった後、自分で削った鉛筆で、初心を書き初めするとのことです。


2.カゴメ株式会社

カゴメ株式会社の入社式には、アイドルの「チームしゃちほこ」が参加し、社長の前で新入社員と一緒に「チームしゃちほこの野菜生活体操」を披露したことがあるとのことです。

「チームしゃちほこの野菜生活体操」は、「朝の乾杯」をして、しっかりと野菜をとってもらうことと体を動かしてもらうことを目的としたプロジェクトとのことです。


3.オイシックス株式会社


(引用元:PR TIMES

オイシックス株式会社は、インターネットを通して安心安全な農家の食材を販売している企業です。

オフィスで働く前に、農家さんの苦労や工夫を知ること、そしてお客様と農家の方々を繋ぐ、大事な仕事を担っていることを感じて欲しいということで、畑での入社式を実施しているとのことです。

記事や写真からもとても満足度の高い入社式だったことが伺えます。


4.株式会社コロンブス


(引用元:株式会社コロンブスコーポレートサイト

株式会社コロンブスでは、新入社員と先輩社員がお互いに靴を磨き合う入社式を実施しております。

お互いに靴を磨き合うことで交流を深めるとともに、自社商品を理解すること、株式会社コロンブスの社員になったという自覚を持ってもらうことを目的として実施しているとのことです。


5.鳥羽水族館


(引用元:鳥羽水族館HP

鳥羽水族館では、なんと水中入社式を実施しているとのことです。

新入社員の中で潜水士の資格を持つ方が代表して、鳥羽水族館で一番大きな水槽の中で、辞令を渡されるなど、他にはない入社式を実施しております。

確かに、これは思い出に残りますね。


関連記事

橋本 大祐

橋本 大祐

新卒採用担当者向け情報サイトSAIYOの編集長。 これまで、新卒採用に関するコンサルティングやイベントを実施。 キャリタス就活、OfferBoxやgoodfindなどの新卒採用支援企業や、東京大学・日本大学などでの新卒採用に関するイベントでの9つのイベントに登壇実績あり。

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ