お役立ち記事

スマートフォンで内定者研修?新人育成・教育サービス「モバイルナレッジ」とは

 社員研修や新人研修もある中、内定者研修にまとまった時間を割くことができない、内定者フォローの一環で内定者研修を行なっているけれども、もっと費用を削減できる方法がないか探しているという企業の採用担当者の方もいらっしゃると思います。

今回は、上記のような課題を持っていらっしゃる企業にぴったりの「モバイルナレッジ」というスマートフォンで内定者研修を行うことができるサービスの特徴や費用、評判をご紹介します。

目次

 モバイルナレッジの特徴とは

 モバイルナレッジの学習内容

 内定者研修のよくある問題と解決方法
​​​​​​​
  1.採用などの業務が忙しく内定者の研修にまとまった時間を割くことができない
  2.内定者研修はどうしても内定者が受け身になってしまっている

 モバイルナレッジの費用や評判

モバイルナレッジの特徴とは

 モバイルナレッジとは、社会人に必要な基礎知識をスマホを通して身につけることができるトーマツイノベーションが提供するアプリサービスです。

モバイル活用と反転学習という2つが大きな特徴で、内定者はスマホ1つで学ぶことができるというのが非常に便利なサービスになっています。

モバイルナレッジは、全部で3種類あり、それぞれターゲットや目的によってサービスが異なっています。

1.内定者・新人向け教育サービス「モバイルナレッジ for Freshers」

内定期間を有効活用した内定者・新人向け人材育成サービス。

http://www.ti.tohmatsu.co.jp/service/mk/forFreshers/index.html

2.若手・中堅社員教育サービス「モバイルナレッジ Business Basic」

時間に追われる多忙な若手・中堅社員向けの人材育成サービス。

http://www.ti.tohmatsu.co.jp/service/mk/BusinessBasic/index.html

3.オリジナル教育コンテンツ制作サービス「モバイルナレッジ Order Made」

貴社にしかない知財やノウハウを教育コンテンツとして制作するサービス。

http://www.ti.tohmatsu.co.jp/service/mk/OrderMade/index.html

モバイルナレッジの学習内容

 モバイルナレッジの学習内容は、

1.性格特性

2.学習

3.思考

4.意思決定

5.時間管理

6.やり抜く(遂行)

7.対話(話し方)

8.内省(振り返り)

の8カテゴリーとなっており、社会人として身につけてべきビジネス知識やビジネスマナーを約200クラスにわたって学ぶことができます。

内定者研修のよくある問題と解決方法

 内定者研修においてよくある問題と、それをモバイルナレッジがどのように解決するのかをご紹介します。

1.採用などの業務が忙しく内定者の研修にまとまった時間を割くことができない

モバイルナレッジの中で、学ぶべきコンテンツが用意されており、それを内定者は「いつどこでも」受けることができるようになっています。

そのため、採用担当者が多くの時間を割かなくても進捗管理を行うだけなど、内定者研修にかかる工数を削減することができます。

2.内定者研修はどうしても内定者が受け身になってしまっている

講師の方が一方的に話すような研修ですと、教える側と教わる側という形式ができますので、なかなか内定者も受け身になってしまい、ただ話を聞くだけということになってしまいがちです。

そこでモバイルナレッジでは、

・同期の進捗をプッシュ通知で報告する

・学んだコンテンツの達成数によってランクが上がる

・同期内の達成数のランクが公表される

などの仕組みにより、内発的にもっと頑張りたい、頑張らないといけないと思ってもらうことが可能です。

モバイルナレッジの費用や評判

 モバイルナレッジは、サービスを受けるユーザーが多ければ多いほど価格が安くなるサービスです。

1ID、15,000円~となっており、ユーザー数が多くなればなるほど1人あたりの費用が安くなるような料金体系となっており、3つのプランから企業に合わせたプランを選ぶことができるとのことです。

モバイルナレッジの評判としては、

・モバイルナレッジを活用することで、それまでの研修の外部講師に支払う費用や研修の会場費を大幅に削減することができた

・スマホで学ぶことができるということで、社員が自発的に学ぶようになった

などの評判が、ネット上に掲載されています。

SAIYOでは他にも新卒採用や内定者フォローに関する記事を公開していますので、ぜひご覧ください!

管理本部

  • この記事を書いた人

橋本 大祐

-お役立ち記事
-

© 2020 SAIYO