Original

【企業のLINE活用】日本企業でLINEの友達数が多い企業TOP4とは

若年層を中心にスマートフォンはもちろんのこと、

コミュニケーションツール「LINE」の普及率はかなり高く、

就活生も日常的に使う方も多いと思われます。

そこで広報や採用活動をLINEで行なって、

密にコミュニケーションを取ろうとしている企業が増えております。

今回は、日本でLINEを使いこなし、友達数が多い企業アカウント

TOP4をご紹介いたします!

第4位:トヨタ自動車

第4位は、トヨタ自動車です!

2017年10月時点で、友達の数が2871万人となっております。

トヨタ自動車のアカウントを登録すると、TOYOTOWNのスタンプがゲットできるという

施策も好調で、CMに登場したシーンなどをスタンプにしたものも人気となっております。

第3位:DHC

第3位は、DHCです!

2017年10月時点での友達の数は、2910万人!

DHCのアカウントに登録するとDHCのオンラインショップで使えるクーポンや、

タマ川ヨシ子という猫の様なキャラクターのスタンプも人気となっております。

第2位:ソフトバンク

第2位は、ソフトバンクです!

2017年10月時点での友達の数は、3255万人!

ソフトバンクは、CMでおなじみのお父さん犬のスタンプが大人気で、

カナヘイや、ツッコミくまなどの他の人気キャラクターとのコラボスタンプも

多数出ており、定期的にキャンペーンを行なっております!

ソフトバンクのアカウントは、ちょっとした疑問をトークで投げかけることもでき、

お客様のサポートもLINEで行なっているのも、友達数増加の要因の一つとなっております。

第1位:楽天市場

第1位は、楽天市場!!!

なんと!2017年10月時点での友達の数は、4148万と、

2位のソフトバンクよりも約100万人も多く、ダントツの1位となっております。

他のトップ企業と同様に、CMでおなじみのお買い物パンダのスタンプが大人気です!

とても可愛いですよね!!!

LINEの中では、過去のスタンプで復活して欲しいものの選挙をしたり、

お買い物パンダグッズ候補の投票を行なってもらい、実際にグッズ化するなど、

スタンプを取得してくれた後も、定期的にユーザーとコミュニケーションを取ろうとする

施策をやっていることがダントツの人気に繋がっているのだと思われます。

最後に

以上、LINEを活用している日本企業TOP4をご紹介しました!

どの企業も、LINEユーザー層に受けそうなキャラクターを作り出し、

まずが、スタンプがきっかけでも登録してもらうこと、

そして接点を作り、その方達に向けて情報を発信するという施策をとっておりました。

ぜひ、一つの施策としてLINEの活用を考えてみてはいかがでしょうか!

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ