Original

【イベントレポート】休学した学生はどういう目的で休学しているの?

休学経験者が登壇するイベントに参加してきました!

新卒採用担当者であれば、高校を3年間、大学を4年間で卒業していない

学生に対して、何をしていたのか疑問に思うことはあるでしょう。

今回は、大学在学中に、休学経験をした学生が、

休学中に何をしてきたのかや休学を経て気づいたこと感じたことを語る、

”休んだっていい、大学がすべてじゃないんだもん”というイベントに

参加してきました!

是非、採用担当者の方は、休学経験者が休学中にどういう経験をしているのか

などをイメージしていただければと思います。

 

イベントの内容

当イベントは、株式会社つなぐ主催のイベントで、開催の目的は、

日々、大学生活を送る中でふいに訪れる疑問、

「このままでいいのかな?」

それを解消するためのベストな選択かはその人次第ですが、

一つの手段として休学という選択肢もあります。

休学を経験したからこそ分かる、

いわゆるその道の"プロ"とも呼べる学生さんをお招きし、

プレゼンとパネルトーク形式で休学時の過ごし方の事例を紹介。

成功体験や失敗体験を通した『理想の休学』について

楽しく学べる2時間です!

(引用元:イベントページ

とのこと。

参加者は20名程だったのですが、

なんと、海外からビデオ通話で参加する学生も!!!!

 

そんなに休学を意識する学生の方がいるのか!ということで、

実際に在学中に休学をする学生の割合を調べると、、、、

10名に1名の割合で休学をする方がいらっしゃるんですね!!

国立大学は、休学費用が無料の為、割合も高くなっています。

 

そして、イベントはこのような流れで開催されました!

《イベント概要》

第一部:4名の休学経験者がそれぞれ登壇

第二部:4名の休学経験者によるトークセッション

第三部:参加者も交えて交流会

では、イベントの内容をざっくりとまとめてご紹介します!

 

イベント内容

実際にイベント内で登壇者がお話されていた中で

①なぜ休学をしたのか、②休学中に何をしたのかについて

言及されている方が多かったので、その2点に関してご紹介します!

 

①なぜ休学をしたのか

今回のイベントでは面白いことに、

・やりたいことや、休学の目的が明確になっていた

・自分の置かれている状況に焦りを感じ、とりあえず休学をすることを決めた

という両極端の理由で休学を決断したということでした。

「目的が明確になっている方」は、

自分自身がやりたいことやなりたい姿を思い描き、

それに対してガムシャラに行動して、理想の自分に近づいていった

というのが印象的で、

「とりあえず休学することにした方」は、

色々な場所で自分自身のスキルを向上させ、自分の選択肢を増やし、

休学する前の自分からかなり成長したというのが印象的でした。

 

②休学中に何をしたのか

4名共に共通していたことが、企業で「長期インターン」をしていたことでした。

メガベンチャーからスタートアップまで、新規事業開発やプログラミングなど

多い人で、10社渡り歩いたという登壇者もいらっしゃいました。

4名とも、長期インターンの経験を通して、

視座が上がったり、自分のビジョンが明確になったとのことでした。

 

最後に

パネルディスカッションでは、参加者の質問が絶えず、

交流会では、積極的に様々な方と交流している姿が見受けられ、

登壇者も参加者も、もちろん企画者も素晴らしいイベントでした!

採用する側も、休学と聞いて、良くないイメージを持っている方も

いらっしゃるかもしれませんが、

休学の目的や、何をしたのかを問えば、

学生だとできないことをやっている方も沢山いらっしゃるので、

良くないイメージは取り払ってもらえればと思います!

そして、次回開催も決まっているようですので、

是非、イベントページをご覧ください!!

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ