借り上げ社宅制度とは |「新卒採用」用語集

借り上げ社宅制度とは

借り上げ社宅制度とは、企業側でマンションやアパートなどの賃貸物件を借りて社宅として利用する制度です。

社員としては、自分で物件を探す手間が省ける他、通常の賃貸物件よりも安く借りることができるなどのメリットがあります。

企業としては、住宅手当が不要になる他、福利厚生の一環として社宅を低い値段で貸し出すということが訴求できます。

また、住宅手当は給料として勘定されますが、「相場の家賃と社員から徴収する家賃」の差額を補助額とみなすことで、追加の税負担は必要なくなります。


関連記事


橋本 大祐

橋本 大祐

新卒採用担当者向け情報サイトSAIYOの編集長。 これまで、新卒採用に関するコンサルティングやイベントを実施。 キャリタス就活、OfferBoxやgoodfindなどの新卒採用支援企業や、東京大学・日本大学などでの新卒採用に関するイベントでの9つのイベントに登壇実績あり。

人気記事ランキング

新着記事

タグ

月間アーカイブ