ワークシェアリングとは|「新卒採用」用語集

ワークシェアリングとは

ワークシェアリングとは、働く人を多くすることを目的に1人あたりの業務時間や業務量を削減して、雇用を増やすことです。

多くの人で仕事を分け合うことで、1人の仕事の負担が軽減されることだけでなく、多くの人が就業できるようになります。

過労死など業務に圧迫されてしまう環境を改善する施策として注目されています。


関連記事


橋本 大祐

橋本 大祐

新卒採用担当者向け情報サイトSAIYOの編集長。 これまで、新卒採用に関するコンサルティングやイベントを実施。 キャリタス就活、OfferBoxやgoodfindなどの新卒採用支援企業や、東京大学・日本大学などでの新卒採用に関するイベントでの9つのイベントに登壇実績あり。

人気記事ランキング

新着記事

タグ

月間アーカイブ