ラテラルシンキングとは|「新卒採用」用語集

ラテラルシンキングとは

ラテラルシンキングとは、和訳すると「水平思考」という意味の言葉です。

物事の見方の角度を変えて、様々な視点から自由に発想する思考法で、既成の概念に囚われずに、新しいアイディアを生み出すことができます。

ロジカルシンキングは垂直思考のため出てくる答えは1つですが、ラテラルシンキングは答えが複数存在します。


関連記事


橋本 大祐

橋本 大祐

新卒採用担当者向け情報サイトSAIYOの編集長。 これまで、新卒採用に関するコンサルティングやイベントを実施。 キャリタス就活、OfferBoxやgoodfindなどの新卒採用支援企業や、東京大学・日本大学などでの新卒採用に関するイベントでの9つのイベントに登壇実績あり。

人気記事ランキング

新着記事

タグ

月間アーカイブ