Original

ダイレクトリクルーティングって何?メリット・デメリットを分かりやすく解説!

最近、経済誌などでよく見かける話題のダイレクトリクルーティングという言葉を見かけることが多くなってきました。

採用において”攻めの採用手法”として近年使われるようになりました。

ダイレクトリクルーティングとは、欲しい人材に企業側が積極的に獲得しにいく採用の手法です。

最近は、スカウト系の採用ツールも増えてきており、今後ますますダイレクトリクルーティングが注目されることと思います。

目次

ダイレクトリクルーティングとは?

ダイレクトリクルーティングのメリットとは?

ダイレクトリクルーティングのデメリットとは?

まとめ

ダイレクトリクルーティングとは?

企業から積極的に自社で求める人材を探し出し、アプローチする採用手法です。

(引用元:ダイレクトリクルーティングとは|「新卒採用」用語集

これまでは大手ナビに掲載さえすれば応募が来るということが多かったかもしれませんが、有効求人倍率も数倍あり、超売り手市場の中で、欲しい人材を採用することは非常に難しくなっております。

そこで、これまでのように”待つ採用”ではなく、”攻める採用”の一つが、ダイレクトリクルーティングです。

ダイレクトリクルーティングのメリットとは?

ダイレクトリクルーティングを行うメリットは大きく2つあります。

1つ目は、自社が本当に必要とする人材に絞って採用活動ができるという点です。

採用活動において、母集団形成、そこからESのチェック、1人1人との面接ととても工数がかかります。

ダイレクトリクルーティングの場合は、自社で本当に必要とする人材にのみ絞って、採用活動を行うため、時間的なコストを削減することが可能になります。

2つ目は、金銭的なコストを抑えることができる点です。

いわゆる合同説明会や人材紹介など、採用においては自社が欲しい人材と出会うまで、お金を使う必要があります。

しかし、ダイレクトリクルーティングは事前に企業側で絞り込みができる為、必要最低限のコストに抑えることができます。

ダイレクトリクルーティングのデメリットとは?

上記で、ダイレクトリクルーティングのメリットをお伝えしましたが、デメリットも存在します。

デメリットは、就職活動の前提として、求職者が会社を選ぶ権利があるということです。

企業側がいかに欲しい人材に絞って接触をしようとしても、応えるかどうかはその求職者の方次第です。

その為、ダイレクトリクルーティングだけに頼るのではなく、いろいろ効果検証しながら、自社・求職者に合った、採用活動をしていく必要がありますね。

まとめ

今回は、”攻めの採用”の1つのダイレクトリクルーティングをご紹介しました。

欲しい人材だけにアプローチして採用活動を行うことで、結果的に採用コストを削減し、欲しい人材を獲得できるかもしれませんね。

自社できちんと採用戦略を立てて、計画的に採用活動を行なっていきましょう。

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ