35歳限界説とは|「新卒採用」用語集

35歳限界説とは

35歳限界説とは、35歳を境に転職の成功率が下がるという、転職市場での説のことです。

35歳を過ぎてからだと未経験の職種や業種の場合は特に転職は難しいとされていて、それまで積み上げてきた知見やスキルを活かせる環境でないと成功率はそれほど高くないとされています。

企業としても、30代であれば年収がある程度高いことで採用コストが高いことや、未経験が入ってくるのであれば他の企業に染まっていない20代などの若手人材を求めることの方が多いためです。

近年では、35歳限界説の通説を破るような動向もあるため、近年では転職・中途採用市場も変化しています。


関連記事

橋本 大祐

橋本 大祐

新卒採用担当者向け情報サイトSAIYOの編集長。 これまで、新卒採用に関するコンサルティングやイベントを実施。 キャリタス就活、OfferBoxやgoodfindなどの新卒採用支援企業や、東京大学・日本大学などでの新卒採用に関するイベントでの9つのイベントに登壇実績あり。

人気記事ランキング

新着記事

タグ

月間アーカイブ