Original

経団連の「就活ルール撤廃」の原因となっている3つの事象とは?

 先日、経団連の中西会長より「就活ルールの撤廃」が宣言され、大きな波紋を呼びました。

そこで、なぜこれまでずっとあった就活ルールが撤廃されることになったのでしょうか。

考えられる3つの原因について考察しました。


目次

 1.外資企業やベンチャー企業の採用活動の早期化

 2.暗黙のルール無視

 3.就活スケジュールの度重なる変更


1.外資企業やベンチャー企業の採用活動の早期化

 経団連に所属していない企業、特に外資系の企業やベンチャー企業は採用活動のスケジュールなどは全くなく、各社に委ねられています。

優秀な人材を獲得するために、就職活動が始まる大学1年生以上を対象にしたインターンシップや、大学3年生にも内定を出す企業が非常に多くなっています。


2.暗黙のルール無視

 経団連に所属している企業であっても、選考活動解禁前にほぼ内定を意味する内々定を確約することや、選考活動を始めている企業も多数あります。

ルールで定められているにも関わらず、他社に優秀な人材を取られたくないということで、裏でルールに反することをしている企業もあります。


3.就活スケジュールの度重なる変更

 ここ数年で就活・採用活動のスケジュールが頻繁に変わっていて、就活生も採用担当者も振り回されています。

そうなると、元々立てていたスケジュール計画が大幅に崩れてしまったりと、負担が大きくなってしまいます。


上記、3つの原因などもあり、「就活ルール撤廃」が考えられ始めています。



関連記事

橋本 大祐

橋本 大祐

新卒採用担当者向け情報サイトSAIYOの編集長。 これまで、新卒採用に関するコンサルティングやイベントを実施。 キャリタス就活、OfferBoxやgoodfindなどの新卒採用支援企業や、東京大学・日本大学などでの新卒採用に関するイベントでの9つのイベントに登壇実績あり。

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ