Original

紹介予定派遣と派遣との違い、紹介予定派遣のメリット・デメリットとは?

 新しく社員を雇いたいけれども、一度働いてもらってその仕事ぶりや態度を見て、正社員として雇いたいと考えている採用担当者・経営者の方も多いのではないでしょうか。

そんな企業におすすめの雇用方法が、「紹介予定派遣」です。

一定期間派遣期間の間に正社員・契約社員として契約するかを判断することができる雇用方法です。

今回は、紹介予定派遣と派遣の違い、紹介予定派遣のメリットとデメリットをご紹介します。


目次

 紹介予定派遣とは

 紹介予定派遣と派遣の違い

 紹介予定派遣のメリット

 紹介予定派遣のデメリット


紹介予定派遣とは

 紹介予定派遣とは、最長6ヶ月の派遣期間をスタッフとして就業し、その派遣期間終了後に企業と本人の双方が合意した場合に社員として採用される派遣のスタイルです。

最大6ヶ月の期間で、企業は当人の仕事ぶりや適性を判断できること、派遣社員は未経験でも仕事への姿勢や取り組みを評価されて正社員雇用に繋がる可能性があります。


紹介予定派遣と派遣の違い

 紹介予定派遣と派遣の違いは、「派遣期間後にその企業に正社員もしくは契約社員として入社することを前提にしているか」の違いです。

紹介予定派遣は、最終的に正社員として働きたいという人のための制度です。


紹介予定派遣のメリット

 紹介予定派遣のメリットは、大きく3つあります。

・派遣期間で派遣社員のスキルや勤務態度を確認できる


・派遣期間後は、当人と相談して採用するかどうかを判断するのであくまでも正社員化が絶対でない。


・派遣社員の優秀な方に期間終了後も引き続き働いてもらうことができる

などと、企業にとっても派遣社員にとっても、まず働いて確認するという期間を設けることができます。


紹介予定派遣のデメリット

 一方で、紹介予定派遣のデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

・派遣期間が6ヶ月と、期間が短い


・正社員、契約社員として契約する際に、紹介手数料が発生する


・紹介予定派遣に登録している人材が派遣や正社員を志望する人と比較して少ない

などのデメリットがあります。


 今回は、紹介予定派遣について派遣との違いやメリット・デメリットについてご紹介しました。

ぜひ、雇用形態の1つとして考えてみてはいかがでしょうか。

橋本 大祐

橋本 大祐

新卒採用担当者向け情報サイトSAIYOの編集長。 これまで、新卒採用に関するコンサルティングやイベントを実施。 キャリタス就活、OfferBoxやgoodfindなどの新卒採用支援企業や、東京大学・日本大学などでの新卒採用に関するイベントでの9つのイベントに登壇実績あり。

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ