Original

新卒採用をする上で知っておきたいイマドキ就活生の7つの特徴とは

 就職を支援するサービスやツールが次々にリリースされることや、就活生を取り巻く環境も変わっていることもあり、イマドキの就活生ならではの特徴もあります。

その特徴を頭に入れておくだけで、採用活動を行う上で柔軟に対応することや接し方や準備しておくべきことなども変わってくると思います。

今回は、そんなイマドキの就活生の特徴を7つご紹介します。

※この記事は就活生の批判記事ではなく、マクロ視点から見た、就活生に見られる傾向の一部となります。


目次

 イマドキの就活生の特徴

  1.多くのサービスを活用している

  2.キャンセルをすることにあまり抵抗が無い

  3.メールを確認しない

  4.電話慣れしていない

  5.すぐに検索をする

  6.何かしてもらうことに慣れている

  7.情報の共有を簡単に行うことができる


イマドキの就活生の特徴

 早速、イマドキの就活生の特徴を7つご紹介します。


1.多くのサービスを活用している

 数年前までは、大手の就職ナビを使っている就活生が大半でしたが、就活生の選考や志向、切り口を工夫したサービスが次々にリリースされているので、就活生もいくつかのサービスを利用していることが多いです。


2.キャンセルをすることにあまり抵抗が無い

 多くのナビサイトや就活支援サービスもボタン1つでエントリーの申し込みやキャンセルを行うことができるため、キャンセルをするということにあまり心理的な抵抗があまり無いことがあります。

ますます便利にはなっていますが、キャンセルされないようにする企業側の工夫も必要になってきます。


3.メールを確認しない

 普段から、LINEやInstagramなどのSNSでコミュニケーションや連絡を取ることが多く、あまりメールを開くという行為を行わないことがあります。

また、就活支援のナビやサービスからは大量のメールが送られてくるため、情報が埋もれてしまうこともあります。


4.電話慣れしていない

 コミュニケーションツールの発達により、電話をするという機会があまりありません。

そのため、電話慣れしていない方や電話が苦手な就活生もいます。


5.すぐに検索をする

 気になったことは、すぐに検索エンジンやSNSで検索をすることができるため、就職活動においても頻繁に情報の検索を行い、情報収集を行なっています。


6.何かしてもらうことに慣れている

 現在は売り手市場が続いていることもあり、就活生が無料でお酒が飲めたり、お肉やお寿司を奢ってもらうことができるなど、就活生は無料で企業から何かをしてもらう機会がたくさんあります。

そのため、企業のスタンスとしても、就活生をおもてなしするという関係性になってしまうことが多いです。


7.情報の共有を簡単に行うことができる

 SNSや就活の情報を共有する掲示板などもあるので、本来であれば知り得ない、選考や面接の情報も漏れてしまうこともあります。

それほど、簡単に情報の共有と収集が簡単に行うことができます。


 今回は、新卒採用担当者であれば知っておきたい、イマドキ就活生の特徴をご紹介しました。

これは、就活生が悪いということではなく、文明の発達や経済状況などの外部環境が大きく変化していることから派生している問題です。

この状況を加味した上で、柔軟に対応すること、採用活動を行うことが求められると思われます。

橋本 大祐

橋本 大祐

新卒採用担当者向け情報サイトSAIYOの編集長。 これまで、新卒採用に関するコンサルティングやイベントを実施。 キャリタス就活、OfferBoxやgoodfindなどの新卒採用支援企業や、東京大学・日本大学などでの新卒採用に関するイベントでの9つのイベントに登壇実績あり。

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ