Original

採用広報とは?採用広報を行うメリットや活用できる手法・ツールをご紹介

 採用活動は、有効求人倍率が上がっていることからわかるように、求職者は幅広い企業の中から自分が入社したい企業を選べる状況にあります。

そのため、他の企業と同じような採用活動をしていても、求職者には情報を届けられず、採用にも繋がりません。

そこで、力を入れるべきことが「採用広報」です。

今回は、その採用広報についてメリットや、採用広報で活用できる手法やツールをご紹介します。


目次

 採用広報とは

 採用広報を行う目的・メリット

 採用広報の手法やツール


採用広報とは

 採用における広報活動とは、採用することを最終的な目的として、業界情報や会社の情報を就活生・求職者に向けて発信していく広報活動をさします。

その中でも「採用広報」とは、採用ホームページ・採用オウンドメディアの作成、採用広報のツール、SNSを通して就活生や求職者に情報を発信することを意味します。


採用広報を行う目的・メリット

 採用広報を行う目的・メリットは、大きく2つあります。


1つ目は、自社の認知が広がり採用したい人材の採用に繋がりやすいことです。

どれだけいい会社であっても、求職者に情報が届かなければ認知・興味を持ってもらうことも不可能です。

継続的に幅広く情報を更新することで多くの方に自社の情報を目に留めてもらえる可能性が高まります。


2つ目は、採用のミスマッチを軽減することができることです。

採用広報の活動を通して、自社が採用したい人物像や普段の仕事内容、会社のビジョンや理念などを発信することで、入社するまでに幅広い情報を見た上で入社の決意を行うため、入社後の思っていたものと違ったというミスマッチのリスクを軽減することができます。


採用広報の手法やツール

 採用広報に使われる手法やツールは、

・自社の採用ホームページ


・採用ブログや採用オウンドメディア


・採用パンフレット


・Wantedlyなどのダイレクトリクルーティングツール


・各種SNS(Twitter、Facebook、Instagram、Youtube等)

など非常に幅広く多種多様な手法・ツールがあります。 


 採用広報を行う目的・メリット、採用広報の手法やツールをご紹介しました。

これから採用広報を始める企業・力を入れる企業はぜひ、自社の情報を発信し続けることで多くの方に情報を届け、採用したい人材を採用できるよう注力してみてはいかがでしょうか。

橋本 大祐

橋本 大祐

新卒採用担当者向け情報サイトSAIYOの編集長。 これまで、新卒採用に関するコンサルティングやイベントを実施。 キャリタス就活、OfferBoxやgoodfindなどの新卒採用支援企業や、東京大学・日本大学などでの新卒採用に関するイベントでの9つのイベントに登壇実績あり。

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ