Original

Wantedlyの運用を成功させるための5つの使い方・活用方法とは

 Wantedlyは使い方次第で採用の成果が大きく変わるサービスです。

Wantedlyの基本的な使い方をマスターすれば、Wantedlyユーザーへの露出は増えるので、採用したい人材からの応募も増える可能性が高くなります。

今回は、そのWantedlyの基本的な5つの使い方についてご紹介します。


目次

 Wantedlyの5つの活用方法

  1.募集要項を作成する

  2.ブログを更新する

  3.応援する、応援してもらう

  4.スカウト・プレミアムスカウトを送付する

  5.応募者とチャットでやりとりを行う


Wantedlyの5つの活用方法

 企業側がWantedlyを活用する際に、基本的にやるべきことは、求職者に向けて情報を発信すること、さらに露出を増やすための施策を行うこと、そして応募がきた後に対応することに集約されます。

その中でも基本的な5つの活用方法をご紹介します。


1.募集要項を作成する

 まずWantedlyでインターン生・新卒・中途を採用するのであれば、募集要項を作成することは必須です。

・なにをやっているのか

・なぜやるのか

・どうやっているのか

・こんなことやります

のフォーマットに則り、作成しましょう。



2.ブログを更新する

 ブログを執筆することで、より多くの方に「共感」してもらうことや多くの方の目に触れられる可能性が高くなります。

より自社が採用したい人材を採用するためにも、ブログ記事も募集要項と合わせて更新していきましょう。


3.応援する、応援してもらう

 募集要項は応援してもらえる数が増えれば増えるほど、Watedlyユーザーの目に止まる可能性が高くなります。

そのため、応援してもらうためにはまず自分から他社の募集要項を応援すること、そうすると自社の募集要項にも応援してもらえる可能性が高くなります。


4.スカウト・プレミアムスカウトを送付する

 Wantedlyでは、募集要項を書いて応募が来るのを待つ採用だけでなく、Wantedlyユーザーのプロフィールを見て、スカウトやプレミアムスカウトを送付することも可能です。

ダイレクトリクルーティングのツールしても活用できます。


5.応募者とチャットでやりとりを行う

 募集要項に応募がくれば、メッセージのやりとりもWantedly内で行えます。

スカウトを送った方や応募者とチャットで面接や面談の日程調整にご活用ください。



今回は、Wantedlyの活用方法についてご紹介しました。

SAIYOでは、Wantedlyの運用代行やコンサルティングを実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら:Wantedlyの運用・企画代行、コンサルティング申し込みページ

橋本 大祐

橋本 大祐

新卒採用担当者向け情報サイトSAIYOの編集長。 これまで、新卒採用に関するコンサルティングやイベントを実施。 キャリタス就活、OfferBoxやgoodfindなどの新卒採用支援企業や、東京大学・日本大学などでの新卒採用に関するイベントでの9つのイベントに登壇実績あり。

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ