Original

Wantedlyの募集要項の構成と作成の3つのポイントとは?

 Wantedlyで求職者に応募してもらうために必要なページが募集要項です。

募集要項の情報に共感した求職者が応募してくれますので、きちんと構成に則って募集要項を作成しましょう。

今回は、募集要項作成の3つのポイントと、募集要項を作成した後にやるべきことをご紹介します。


目次

 Wantedlyの募集要項の構成

 Wantedlyでの募集要項作成の3つのポイント

 募集要項を作成したら次にやるべきこと


Wantedlyの募集要項の構成

 Wantedlyの構成は、画像の上から、「タイトル」「アイキャッチ画像」「会社のメンバー」「本文」という構成になっています。

Wantedly 募集要項 構成

(参考:ディップ株式会社募集要項ページ


また、本文の中でも

・なにをやっているのか

・なぜやるのか

・どうやっているのか

・こんなことやります

と4つ記載する項目があります。

以上が、Wantedlyの募集要項の構成になっています。


Wantedlyでの募集要項作成の3つのポイント

Wantedly 募集要項 見え方

(参考:ディップ株式会社募集要項

 Wantedlyで募集要項をみてもらうには、3つポイントがあります。

まず求職者には、画像のように募集要項が表示されます。

ここでは、「募集要項のタイトル」「アイキャッチ画像」「本文の冒頭」が表示されます。

つまり、この3つの情報を元に、詳細を見るかどうかを求職者は意思決定しています。

そのため、きちんと募集要項を見てもらいたい人にクリックしてもらえるようなタイトルとアイキャッチ、冒頭の本文を設定しましょう。


募集要項を作成したら次にやるべきこと

 募集要項を作成したらやるべきことは、「応援」です。

応援の数が多ければ多いほど上位に表示されますので、会社の人や友人に依頼して、とにかく「応援」の数を増やしましょう。


SAIYOでは、Wantedlyの運用代行やコンサルティングを実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら:Wantedlyの運用・企画代行、コンサルティング申し込みページ

橋本 大祐

橋本 大祐

新卒採用担当者向け情報サイトSAIYOの編集長。 これまで、新卒採用に関するコンサルティングやイベントを実施。 キャリタス就活、OfferBoxやgoodfindなどの新卒採用支援企業や、東京大学・日本大学などでの新卒採用に関するイベントでの9つのイベントに登壇実績あり。

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ