Original

CHRO(最高人事責任者)とは?CHROの役割と人事部長との違いをご紹介

 CHRO(最高人事責任者)とは、「Chief Human Resource Officer」の略で「最高人事責任者」の略です。

今回は、会社において重要な「ヒト」に関して責任と成果が求められるCHROの役割や、CHROと人事部長の違いをご紹介します。


目次

 CHRO(最高人事責任者)とは

 CHRO(最高人事責任者)の役割

 CHRO(最高人事責任者)と人事部長の違い


CHRO(最高人事責任者)とは

 CHROとは、「Chief Human Resource Officer」の略で、「シーエイチアールオー」と読みます。

CEO(Chief executive Officer)という最高経営責任者という言葉は聞いたことがあるかと思いますが、そのexecultiveをhuman resourceに言い換えた言葉です。

CHROとは、最高人事責任者を意味し、経営を行う中で人的資源に関して責任を持ち、組織や人材の面から会社を成長させることが求められます。


CHRO(最高人事責任者)の役割

CHRO 役割

 「事業は人なり」という言葉があるように、会社を経営していくにあたり、人はすごく重要になります。

そのため、CHROの役割とは、社員が最高のパフォーマンスを発揮することができるために、

・人材配置

・働き方改革

・人材登用

・人材活用

・勤怠管理

など、社員1人1人がパフォーマンスを発揮しやすく、そして働きやすく成果を出しやすい組織に成長させていくために経営目線で意思決定を行うことがCHROの役割です。


CHRO(最高人事責任者)と人事部長の違い

 CHROと人事部長の違いは、経営に参画しており経営目線から意思決定を持っているか否かの違いになります。

CHROは取締役として経営会議や取締役会など経営に携わる一方で、人事部長は実務における責任者になります。

人事部長は、人事戦略を通しての売上向上や利益向上に関して責任は負いませんが、CHROは人事戦略を通しての業績向上に対する成果が求められます。


まとめ

 今回は、CHRO(最高人事責任者)の意味や役割、そしてCHROと人事部長の違いをご紹介しました。

「事業は人なり」という言葉通り、人材戦略によって会社の業績は大きく変わります。

これからは、CHROというボジションがますます重宝されていき、会社にとって欠かせない存在になるのではと考えられます。

橋本 大祐

橋本 大祐

新卒採用担当者向け情報サイトSAIYOの編集長。 これまで、新卒採用に関するコンサルティングやイベントを実施。 キャリタス就活、OfferBoxやgoodfindなどの新卒採用支援企業や、東京大学・日本大学などでの新卒採用に関するイベントでの9つのイベントに登壇実績あり。

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ