Original

パラレルキャリアとは?|副業との違いやメリット・注意点をご紹介

 パラレルキャリアとは、本業を行いながら並行して余った時間で第二の活動を行うことです。

近年、副業の解禁やキャリア観の多様化などにより、パラレルキャリアという働き方を行う人が増えています。

今回は、パラレルキャリアの意味や、会社として承認することによるメリット・デメリット、注意点をご紹介します。


目次

 パラレルキャリアとは

 パラレルキャリアと副業との違い

 パラレルキャリアのメリット

 パラレルキャリアのデメリット・注意点


パラレルキャリアとは

 パラレルキャリアとは、オーストリア人哲学者であるピーター・ドラッカーが1999年に発表した著書『明日を支配するもの』で提唱したもので、「本業を持ちながらも第二のキャリア・人生を築くこと」です。

この第二のキャリア・人生の定義は広く、ボランティア活動や慈善活動、自営業、本業と別の企業との業務委託などが含まれます。


パラレルキャリアと副業との違い

 一般的に、副業とは収入の得ることを目的として行う本業とは別の仕事をいう意味合いです。

一方で、パラレルキャリアとは、収入を得ることだけが目的ではなく、自身のスキルアップや、自分のやりたい活動を行うことが目的の活動になります。


パラレルキャリアのメリット

パラレルキャリア メリット

 採用担当者や経営者が、社員がパラレルキャリアを行うことを許可・推奨した場合にどのようなメリットがあるかご紹介します。


1.社員の活動の幅が広がる

 社員がパラレルキャリアを始めることで、本業以外の人脈を作ることや、本業では手に入れることのできないスキルや物事の見え方を習得できる可能性が高いです。

その人脈やスキルを活かすことで周りの社員への刺激になることや、本人の仕事の効率化や生産性向上に繋がります。


2.社員のタイムマネジメント能力が向上する

 いくつかの活動を並行して行うためには、自分で時間やタスクの管理をきちんと行う必要があります。

その時間管理などの能力が向上することで、仕事においてもより効率的に働くことや会議の時間の短縮など、本人とチームの生産性向上に繋がります。


3.福利厚生として活用できる

 近年では、副業の解禁やキャリア観の多様化などにより、1人で色々な活動を行う人が増えています。

そのため、優秀な人材を採用する際に、パラレルキャリアを許可・推奨していることは、就活生・求職者にとってもプラスに働くポイントになります。


パラレルキャリアのデメリット・注意点

パラレルキャリア デメリット 注意点

 一方で、会社でパラレルキャリアを許可することで生まれるデメリットや注意点は以下の2点が考えられます。


1.優秀な人材の流出に繋がる可能性がある

 パラレルキャリアを行う中で、他の分野や仕事で成果を残している人であれば、他の企業ももっと仕事を依頼するために採用したいと思うとともに、本人も自分の好きなことでお金が稼げるようになると、やることを1つに絞るために本業ではない方を選択する可能性があります。


2.就業規則をきちんと定める必要がある

 パラレルキャリアは、収入を目的としない活動とはいえ、お金を得る場合もあります。

そのため、副業は許可されていないのでパラレルキャリアもNGではと思う社員もいると思うので、きちんと就業規則で線引きを行う必要があります。

また、本業がおろそかにならないためにも、勤務時間の規則などもきちんと定めましょう。


最後に

 今回は、パラレルキャリアについて、メリットやデメリット・注意点をご紹介しました。

本業とは他の活動を推奨することで、優秀な人材を採用することに繋がったり、新たなことに挑戦するきっかけになったりと良い側面もありますが、もちろん注意すべき問題もあります。

きちんとルールを設けた上で、パラレルキャリアを許可するなど取り組んでみてはいかがでしょうか。

橋本 大祐

橋本 大祐

新卒採用担当者向け情報サイトSAIYOの編集長。 これまで、新卒採用に関するコンサルティングやイベントを実施。 キャリタス就活、OfferBoxやgoodfindなどの新卒採用支援企業や、東京大学・日本大学などでの新卒採用に関するイベントでの9つのイベントに登壇実績あり。

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ