Original

コンピテンシーモデルとは?作り方や企業での活用事例を紹介

 近年、企業の生産性の向上や人材採用・育成・評価で「コンピテンシーモデル」が注目されています。

会社としても高い成果を出す可能性がある人材を採用することや、高い成果を出せるように教育を行うことは、会社の成長にも繋がるので非常に重要です。

では今回は、会社の成長において鍵になる「コンピテンシーモデル」とは何かや、コンピテンシーモデルの作り方・活用方法をご紹介します。


目次

 コンピテンシーモデルとは

 コンピテンシーモデル作り方

  1.コンピテンシーモデルの要素を決定する

  2.高い業績や成果を出している社員を分析する

  3.分析結果を1の要素に落とし込んでいく

 コンピテンシーモデルの活用例

  1.採用活動の面接

  2.人材育成

  3.  

 コンピテンシーモデルを活用する上での問題点


コンピテンシーモデルとは

 コンピテンシーとは、「高い業績や成果を出すための根幹の行動特性」のことです。

会社において高い業績を出す人や常に結果を出し続けている人には、何かしら理由があり、その理由に当たるものがコンピテンシーになります。

そのコンピテンシーをモデル化したものが、コンピテンシーモデルになります。


コンピテンシーモデルの作り方

コンピテンシーモデル 作り方

 コンピテンシーモデルは次の3つの手順で作成することができます。


1.コンピテンシーモデルの要素を決定する

 まずはコンピテンシーモデルを作成する際に、要素の領域や項目を分類しましょう。


2.高い業績や成果を出している社員を分析する

次に、高い業績や​​​​​​​成果​​​​​​​​​​​を出​​​​​​​してい​​​​​​​る​​​​​​​本​​​​​​​人、上司、同じチームの人にインタビューを行う、能力やスキル、行動特性など、なぜ高い成果を出しているのかヒアリングを行い、そのヒアリング結果を分析する。


3.分析結果を1の要素に落とし込んでいく

最​​​​​​​後に1で定めた要素に、2の​分析​​​​​​​結果を入力していくと、コンピテンシーモデルの完成です。


コンピテンシーモデルの活用例

コンピテンシーモデル 活用例

 コンピテンシーモデルの活用方法は3つあります。


1.採用活動の面接

 採用活動における採用方法の1つとして「コンピテンシー面接」というものがあります。

コンピテンシー面接とは、就活生や求職者がこれまで取り組んできたことや成果を残したことの行動特性がコンピテンシーモデルと同様であるかを評価する面接です。

きちんと基準が定められているため、面接の選考官によっても評価のブレが少なくなります。


2.人材育成

 コンピテンシーモデルの行動特性にならった行動をとってもらうように目標を設定した理、研修などの教育を行うことによって、社員がそれぞれ高い成果を残しやすくなるということが考えられます。


3.人材評価

 1のコンピテンシー面接と同様に、目標とした行動が取れたか、行動するために必要な取り組みをしたのかなどを元に、評価を行います。

また、より高い成果を残すような人材がいれば、その人材を参考に再度コンピテンシーモデルを再設計するように活用しましょう。


コンピテンシーモデルを活用する上での問題点

 コンピテンシーモデルを活用する上で注意すべきなのが、「高い成果をあげている人材のマネをするのではない」ということです。

行動自体ではなく、なぜその行動行なったかという、状況や思考回路も合わせて参考にする必要がありま

また、定期的に見直し続けて、より時代に合う精度の高いコンピテンシーモデルを作っていきましょう。


関連記事

橋本 大祐

橋本 大祐

新卒採用担当者向け情報サイトSAIYOの編集長。 これまで、新卒採用に関するコンサルティングやイベントを実施。 キャリタス就活、OfferBoxやgoodfindなどの新卒採用支援企業や、東京大学・日本大学などでの新卒採用に関するイベントでの9つのイベントに登壇実績あり。

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ