Original

採用コンセプトの作り方とは?企業事例やコンセプトムービーをご紹介

 あなたの企業の採用サイトには、きちんと採用コンセプトが掲載されていますか?

採用活動を行う上で、どのような方針で採用活動を行なっているのか、どのようなビジョンや価値観の元、人材を募集しているのかは就活生や求職者は気になるものです。

きちんと自社が採用したい人材を採用するに当たっても採用コンセプトは重要な働きをします。

今回は、新卒採用の採用活動において非常に重要な採用コンセプトの作り方や企業事例をご紹介します。


目次

 採用コンセプトとは

 採用コンセプトを設計する目的と必要性

 採用コンセプト作り方

 採用コンセプトの企業事例

 採用コンセプトムービー一覧


採用コンセプトとは

 採用コンセプトとは、「採用活動を行う上での基本的な方針」を示すものや、就活生や求職者に対して「どのように採用活動を行うのかという考え方」を示すものです。

前者の採用の方針は採用戦略の意味が近しいので、今回は採用サイトやコーポレートサイトでよく掲げているような就活生や求職者に対して、「自社の採用活動のテーマを伝えるもの」を採用コンセプトの意味と定義して、採用コンセプトの作り方や企業事例をご紹介します。


採用コンセプトを設計する目的と必要性

採用コンセプト 必要性 目的

 採用コンセプトを設計する目的や必要性は大きく2つあります。


1.就活生・求職者で採用コンセプトに共感してもらえる人材を採用するため

 採用コンセプトとは、自社の価値観やビジョンを表した言葉です。

自社が目指している方向性や大切にしているものに共感してくれる人材を採用することでミスマッチがある程度防ぐことが可能です。

そのため、自社の理念やビジョンを表す採用コンセプトを明示して、その採用コンセプトに共感してもらうことが採用して入社してから活躍してもらうためにも重要なポイントになります。


2.競合他社と差別化を行うため

 競合他社も自社と同じようなスキルセットや考え方の人材を採用したいというのは、大いに考えられます。

業界や業種が近ければ近いほど、採用したい人物像も近しくなってきます。

その中で、より自社の特徴や理念を端的に分かりやすく伝えるためにも採用コンセプトは重要になります。


採用コンセプト作り方

採用コンセプト 作り方

 採用コンセプトの作り方の手順は3つのステップのみです。


1.自社のビジョンや事業内容、強みなどをリストアップする

 まずは、自社のビジョンや事業内容、強みをリストアップして、その中から採用コンセプトに盛り込むキーワードを決めていきます。

例として、その切り口をいくつかご紹介します。

・ビジョン

・ミッション


・事業内容


・社風


・強み


・自社の特徴


・入社後得られること

などを切り口として考えてみてください。


2.採用したい人材に響くであろう表現や言葉を使う

 採用コンセプトは、就活生や求職者に向けて発信するものです。

そのため、その採用コンセプトを見てもらう人にとって興味を持つようなコンセプトでなければ意味がありません。

実際にその会社に入社するとどのようなメリットがあるのかなどをターゲット層がイメージしやすい表現や言葉を使いましょう。


3.見ただけでどのような採用方針かわかるようなキャッチコピーと文章を作る

 ある程度、採用コンセプトの型となる文章ができたら最後はブラッシュアップしていきましょう。

不要な言葉を省くことや違う言葉で言い換えたりと、簡潔に分かりやすくして、読んですぐに内容が伝わるような文章にすると、採用コンセプトの完成です。


採用コンセプトの企業事例

採用コンセプト 企業事例

 特徴的な採用コンセプトや参考にしたい採用コンセプトを掲げている企業事例を5つご紹介します。


1.鹿児島銀行の採用コンセプト

銀行からはみ出せ


2.電通の採用コンセプト

前例のない未来を作るのは、キミだ。


3.ツムラの採用コンセプト

「自分らしさ」と「想い」を伝えて欲しい


4.ダイキンの採用コンセプト

国境はない。マニュアルもない。

だから、ダイキンの仕事は面白い。


5.サントリーの採用コンセプト

“やってみなはれ”は、サントリーそのものである


採用コンセプトムービー一覧

 採用コンセプトをムービーで紹介している企業もありますので、3つご紹介します。


1.日本経済新聞社


2.NTT東日本


3.JR東日本


最後に

 今回は、採用コンセプトの作り方や企業事例・コンセプトムービーをご紹介しました。

採用活動を行なっていく上で、就活生や求職者の多くの方が採用情報を確認します。

その際に採用したい人材にきちんと自分たちが伝えたいメッセージを届けることができるようにしっかりと採用コンセプトは設計しましょう。

ぜひ、採用コンセプトを作る際や見直す際にご参考ください。

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ