Original

採用力を構成する5つの要素と強化するための方法とは?

 採用活動は、会社の事業を営むことや成長させて行く上で非常に重要なことです。

以前、松下幸之助氏も「事業は人なり」という言葉を残したように、会社を経営する上で、「人」が重要、故に採用活動は、会社においても重要な取り組みの一つです。

その採用活動は、誰でも採用できれば良いのではなく、経営方針や事業計画に基づいて適切な人を採用することが重要です。

今回は、その採用活動を行う力、つまり「採用力」に関して、採用力を構成する要素と採用力を強化する方法をご紹介します。


目次

 採用力とは

 採用力を構成する要素

 採用力を強化する方法


採用力とは

 採用力とは、採用したい人材に対して会話の中で自社に興味を持ってもらい、最終的に採用に繋げる力のことです。

もちろん、初対面で内定を承諾してもらうということではなく、時間や回数を重ねて、採用したい人材に選考を受けてもらい、入社してもらうということです。


採用力を構成する要素

採用力 要素

 採用力を構成する要素は、

・計画を立てる力

・出会う力

・説明する力

・口説く力

・高める力

の全部で5種類です。

採用したい人材を採用するまでの計画を立て、そこから会いに行き、自社の説明をするとともに、その人に入社してもらうために口説き、選考を受けたい、その会社で働いてみたいと思ってもらえるまで高めるという一連の流れになります。


この5つの力がそれぞれ組み合わさることによって、初めて採用活動がうまく行きます。

どこかこの要素でできない部分があると、最終的に採用には繋がりませんので、どの力もそれぞれ強化していく必要があります。


採用力を強化する方法

 採用力を強化するためには、前述した5つの要素をそれぞれ強化していく必要があります。

・計画を立てる力

・出会う力


・説明する力


・口説く力


・高める力

それぞれ、定性的なところも大きいので、一番の理想は計画を立てる段階で、カスタマージャーニーマップを作成して、採用活動に取り組むことで、採用力を強化しやすいです。

採用力 カスタマージャーニーマップ

引用元:カスタマージャーニーマップとは〜作成するために最低限知っておきたい基礎知識と活用事例|Webマーケティングメディア ferret

カスタマージャーニーマップとは、上の画像のようにユーザーに認知してもらってから行動してもらうための、どのようなタイミングそして、方法で、何をしないといけないのかを記載する設計図のようなものです。

このカスタマージャーニーマップに合わせて、それぞれ採用活動でも、「いつ」「何を、どうするか」を決めて行動するだけでも、採用力は強化されることが予想されます。

あとは、採用力は継続して何回も取り組むことで強化されるものでもあります。

まずはしっかりと計画を立てて計画通りに実施し、うまく行かなければなぜうまく行かなかったのか、何を改善すれば良いのかを振り返りつつ改善を重ねていきましょう。


関連記事


橋本 大祐

橋本 大祐

新卒採用担当者向け情報サイトSAIYOの編集長。 これまで、新卒採用に関するコンサルティングやイベントを実施。 キャリタス就活、OfferBoxやgoodfindなどの新卒採用支援企業や、東京大学・日本大学などでの新卒採用に関するイベントでの9つのイベントに登壇実績あり。

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ