Original

新卒採用の会社説明会のアンケートで聞いておくべき「設問3つ」とは?

新卒採用担当者の中には、

・優秀な学生を獲得したいが学生たちがどのような情報を求めているのか

・どのようなことに興味を持っているのか

などを、きちんと把握できていないことはありませんか。

 

これらは会社側にとっても、学生側にとっても今後の選考において、

お互いに情報のミスマッチを避けるためには事前に知っておきたい情報です。

そこで、これらの問題を解消する手段の一つとして、

会社説明会でのアンケート調査があります。

 

どのようなアンケートを実施することで学生たちの心境や状況を把握できるのか、

アンケートの設問例をいくつか紹介します。

設問例①:自社を知った経緯

まずは、今後の広報活動にどう力を入れるべきか知るために、

「自社を知った経緯」に関する設問を設けます。

現在、ネットを使った採用媒体も多く、

どのような経緯で自社を知ったのかを把握することにより

注力すべき媒体がわかり、広報活動にかかるコストも抑えられます。

 

設問例②:どのような点を重視して企業選びをしているか

次は、採用活動で何を学生に伝えるべきかを考える判断材料として

「どのような点を重視して企業選びをしているか」です。

ここで、学生が企業に対し何を求めているのか、

何を知りたいのかが見えてくるため、

今後の広報活動ではどこを重点的に伝えていくのか参考にすることができます。

 

設問例③:自社への質問、説明会の感想、などの自由記載欄

そして、アンケートの最後には

「自社への質問、説明会の感想、などの自由記載欄」を設けます。

この設問により、開催した説明会の満足度や、

学生がどのくらいの気持ちで自社を希望しているのかを把握することができます。

説明会で実施するアンケートだけでも、学生や自社の評価を把握することができ、

採用活動をより効率的に進めていくための一つの資料になります。

また、選考エントリーに進まない学生にも、

メールアドレスや学校名を知る機会になるため、

説明会後もフォローアップすることができます。

最後に

今後、説明会で実施するアンケートを作成する際は、

学生の目線に立って作成し、

採用活動に活かせるアンケートを作るようにしましょう。

せっかく、自社に興味を持ってくれた学生のデータです。

しっかりと分析して、自社の採用活動の改善に繋げていきたいですね。

この内容で送信します。よろしいですか?