Original

アメリカと日本における新卒採用の3つの違いや特徴とは?

 新卒採用担当者であれば知っておきたい、他国の新卒採用事情。

実は、新卒一括採用という経団連が新卒採用のスケジュールを決めて、それに従う採用は日本独自の文化です。

では、アメリカではどのような新卒採用が行われているのでしょう。

今回は、アメリカと日本における新卒採用の違いを3つご紹介します。


目次

 アメリカの新卒採用と日本の新卒採用の違い3選

  1.採用方法の違い

  2.評価方法の違い

  3.就職活動の時期の違い

 アメリカと日本の新卒採用の違いまとめ


アメリカの新卒採用と日本の新卒採用の違い3選

 アメリカの新卒採用と日本の新卒採用は全く異なります。

そもそも、アメリカでは新卒採用を行なっていないこともざらにありますので、今回はその違いをご紹介します。


1.採用方法の違い

 日本の場合は、新卒一括採用といい、みんなで同じ時期に就職活動を初めて、みんなで同じ時期に就職をするという制度があります。

これは、日本において新卒を自社で教育して自社で活躍してもらおうと、その潜在的な能力を含めて評価を行なっているためです。

一方、アメリカでは、長期インターンなどを経験して、即戦力となる人材のみが入社できるというケースが非常に多いです。

そのため、日本人がアメリカの企業に新卒入社をしたいという場合は、「プラティカルトレーニング」という形で、アメリカの企業でインターンとして働き、そこで成果を残して認めてもらえることで社員になれる可能性があります。


2.評価方法の違い

 1の採用方法についての箇所で、アメリカは即戦力となる人材のみが入社することができるため、インターンとして結果を出すことが重要だと記載しましたが、合わせて大学での成果も重宝されます。

アメリカでは、新卒であっても専門的な知識と実務経験が問われますので、大学時代のGPA、履修科目、研究内容、専攻科目など大学時代に勉強したことがキャリアと直結することが非常に多くなっております。


3.就職活動の時期の違い

 日本における新卒採用では、経団連に所属している企業は広報活動や選考活動など、明確にスケジュールが定められているため、就活生は皆同じ時期に就職活動を始めて、選考活動を経て、同じ時期に入社します。

一方、アメリカの新卒採用では、職種・ポジション採用の場合が多いので、その職種や役職の欠員補充や増員を行うタイミングで、採用活動を行います。

そのため、アメリカでは通年に渡り採用活動を行なっており、日本のように時期が決められておりません。


アメリカと日本の新卒採用の違いまとめ

 上記で、アメリカと日本の新卒採用の違いをご紹介しましたが、改めて表にてして違いを明記します。


アメリカ
日本
新卒採用の方法
インターン経由での採用が主
新卒一括採用
評価方法の違い
実務の実績、専門的知識
潜在的な能力が多い
新卒採用の時期
通年
経団連の定めたスケジュール通り


関連記事

橋本 大祐

橋本 大祐

新卒採用担当者向け情報サイトSAIYOの編集長。 これまで、新卒採用に関するコンサルティングやイベントを実施。 キャリタス就活、OfferBoxやgoodfindなどの新卒採用支援企業や、東京大学・日本大学などでの新卒採用に関するイベントでの9つのイベントに登壇実績あり。

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ