Original

【人事・採用担当者向け】面接・面談において準備しておくべきこととは

新卒採用の選考において、面接をやらない会社はないのではないでしょうか。

しかし、採用側と求職者という関係や、初対面ということもあり、

就活生の能力を見極めるためには、もちろん採用する側のスキルや準備も

非常に重要になってきます。

今回は、面接で採用側が気をつけておきたいことを3つの段階ごとにご紹介します。

 

①面接前の準備編

採用活動において、面接は複数回行われることがありますが、

それぞれ何回目の面接なのかによって、準備することも変わってきます。

初回の面接においては、求職者から送られてきたプロフィールや履歴書などを

見て、基本情報を頭に入れておきます。

その上で、自社の求める採用条件に該当しているかの情報を聞き出せるような

質問事項を準備しましょう。

また、複数回目の面接の場合は、実際に自社で採用条件に当てはまるかを

違う角度から質問したり、実際に自社で働いてもらうことをイメージした上で

適性を見極められるような質問を準備しましょう。

間違っても、特別な共有をせず面接の担当者が毎回変わるからといって、

毎度同じ質問をすることは、かなり非効率です。

しっかりと内定を出すに至るまでに、確認するべき項目や

適性を確認する項目を洗い出した上で、面接を行いましょう。

 

②面接時の心構え編

就活生も自分の人生がかかっている大事な面接ですので、

アイスブレイクなどを挟んで、お互いに話やすい雰囲気を作り出しましょう。

就活生も面接を通して、その会社の雰囲気を読み取ろうとしますので、

自社が打ち出しているイメージや雰囲気をきちんと伝えつつ、

対話を通して質問をしていきましょう。

 

③面接後の対応編

面接の最後に、

合否の連絡の日時はきちんと伝えて、

その日時までにきちんと連絡するようにしましょう。

面接数の母数が多い会社では、不合格の場合、何も連絡をしないという企業も

ありますが、求職者は期日までその後のスケジュールを組み立てられなかったり

するので、求職者にはストレスになる可能性もあります。

自社で採用ができなかったとしても、面接後の対応によっては、

その後、ビジネスの場で繋がる可能性も高くなります。

面接をやって終わりではなく、きちんとその後も忘れずに対応しましょう。

 

最後に

面接は、今の日本の採用において一番重要といっても過言ではありません。

そのため、就活生もかなり準備をして臨みます。

きちんとその人の人生がかかっているということを念頭において、

最後まで対応するようにしましょう!

この内容で送信します。よろしいですか?