Original

優秀な学生を採用したい!「ガクセン」を活用するメリットや料金形態とは?

「なかなか自社が欲しい人材に出会えない」

「ダイレクトリクルーティングサービスでも、もっと学生の詳しい情報がわからないとスカウトしにくい」

などのお悩みをお持ちではないでしょうか。

なかなか、自社が思い描いている採用人物像を採用することは難しいですよね。

そんな企業、採用担当者にオススメなのが「ガクセン」です。

ガクセンは、一握りの優秀な学生のプロフィールやインタビューが掲載されているサービスで、非常に一人一人の情報量が多く、スカウトしやすいサービスになっています。

今回は、そのガクセンを活用するメリットや料金形態をご紹介します。


目次

 ガクセンとは

 ガクセンに登録している学生の特徴

 企業がガクセンを活用するメリット

 ガクセンの料金形態とは


ガクセンとは

 ガクセンとは、一握りの優秀な学生だけを検索してスカウトすることができる「新卒逆求人サイト」です。

企業がガクセン内に掲載されている学生のプロフィールやインタビューを閲覧し上で、学生にアプローチをすることができます。

ダイレクトリクルーティングの中でも、インタビューを実施していることもあり、非常に就活生の情報が見えやすいのも特徴です。

また、アプローチの仕方も「面談を依頼する」や「会社説明会に呼ぶ」など色々工夫することができます。


ガクセンに登録している学生の特徴

ガクセン登録学生特徴1

 (http://gakusen.jp/about/ より引用)

ガクセンに登録している学生は、

・自己成長型タイプ

・トラウマ克服型タイプ

の2つのタイプに分けることができます。

自己成長型タイプの学生は、自分で目標を立て、その目標に基づいた計画を立てたのち、PDCAを回しながら行動するタイプの学生です。

一方、トラウマ克服型タイプの学生は、これまでの辛い体験や悔しい体験がベースにあり、それを乗り越えたり克服してきたタイプの学生です。

ガクセン登録学生特徴2

また登録学生のデータですが、幅広い学歴の学生が登録しており、文系の学生が比率では多いですが、就活生からまだ大学低学年の学生まで幅広く登録しています。


企業がガクセンを活用するメリット

 企業がガクセンを活用するのには大きく4つメリットがあります。


1.採用する人材の質の向上

 ガクセンに掲載されている学生は、学生団体や何かしらの組織のリーダー経験があったり、長期のインターンシップの経験者、何かしらに秀でている上位1%が集まっています。

ガクセンには応募した全学生が掲載される訳ではなく、書類審査や2時間ほどのの面接を経てスクリーニングされているため、学生の高い質が担保されています。


2.採用業務の効率化(時間短縮)

 募集要項を作成し、就活生が多く登録する媒体に掲載、そこからエントリーを待ち、その後書類選考や面接という流れが一般的な新卒採用の流れになっています。

ガクセンを活用した場合は、すでにその学生の書類選考を突破、場合によっては最終面接のみを実施する場合もmあるので採用業務の効率化、時間短縮に繋がります。


3.採用コストの削減

 次の見出しの料金形態の箇所で詳細をご説明しますが、新卒採用のダイレクトリクルーティングのサービスの中でも比較的量料金が低いのですが、その年額の費用さえ支払えば採用し放題のサービスになっています。

そのため、ガクセンから複数人採用することができると、一人あたりの採用単価も非常に低くなります。


4.新卒採用以外にアルバイト・インターン採用にも活用できる

 ガクセンの場合、就活生だけでなく大学低学年の大学生も登録しているので、新卒採用に限らず、長期インターンやアルバイトの採用も行うことが可能です。


ガクセンの料金形態とは

ガクセン 料金形態​​​​​​​

 ガクセンは、年間契約の年間で498,000円の費用がかかります。

(最新情報は必ず問い合わせてご確認ください。)

月額に換算すると約40,000円ほどで、新卒採用からインターンシップの採用を行うことができます。

また採用した人数の成果報酬ではなく契約した段階で年額の費用が発生する料金モデルですので、一度費用を支払うと追加費用を気にせずに採用活動を行うことができます。


最後に

 今回は、上位1%の学生を採用するためのサービス「ガクセン」をご紹介しました。

料金が年額で固定になっており、ガクセンから採用する人数に制限がないのは非常にありがたいですよね。

ぜひ、自社に合ったサービスを探して、効率よく採用活動を行なってください!

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ