Original

新卒採用の会社説明会で選ばれる企業になるための「2つのポイント」とは?

近年、会社説明会は就職活動中の学生が、興味のある会社の情報収集を行う一方で、

会社の雰囲気や実際に働いている人の活気を感じ取り、自分に合う会社かどうかを見極める場所にもなっています。

学生にとって説明会での印象は、企業の志望度を左右するポイントの一つですので、

新卒採用担当者の方は選ばれる会社になるための企業説明会を行いましょう。

ここでは、会社に興味を持ち説明会に足を運んでくれた学生に

志望してもらうためには、どのような説明会を行うべきか

その2つのポイントをご説明します。

①学生の目線に立って会社の説明を行う

説明会を行う上で一番大切なことは、学生の目線に立って会社の説明を行うことです。

ホームページや、調査すればわかる文字だけの情報をスライドにして読むだけの説明、

これまで開発してきた商品の説明を、長々と自慢話のように話すような説明会は、

就活生に対して一方的なコミュニケーションになってしまい、就活生も退屈になってしまいます。

何より説明会に来てまで得たい情報ではありません。

もちろん、ホームページに載せている情報を話さない方がいいということではなく、

文字や商品の情報は最小限にして会社のリアルな情報を提供した方が、

学生にとってはより有益な情報になる可能性が高いです。

 

学生が求めているのは、

・この会社に入ってどんな仕事を自分は行うのか

・どんなキャリアを歩めるのか など

実際に働いている自分を想像できるような情報です。

働いている人の実例を挙げて、募集している職種の仕事内容や、

一日のスケジュールを説明するとイメージしやすいでしょう。

 

②社員との座談会の場を設ける

時間に都合がつけば、募集職種の社員を社歴ごとに集めて、学生と話をする機会を設けるとよいでしょう。

実際に、社員との座談会の場を設けることで、聞きたいことを聞きやすい為、

学生のその会社への理解度の向上にも繋がります。

また、自社で欲しい人材がいた場合、座談会で関係構築をしておくことにより、

その後の選考に進んでもらえる可能性も高くなります。

就活生がリラックスできるように、ジュースやお菓子などを準備するなどするといいかもしれませんね。

実際に、日産自動車株式会社は社員と一緒にケーキを作って食べるという座談会を

開催しています。

【18卒就活生対象 参加者募集】日産社員×理系女子 カジュアル交流会 2017年3月17日開催 〜スーツではなくエプロンを着て創作ケーキを作ろう!〜

https://rikejocafe.jp/blog/nissanevent2017

 

最後に

会社説明会は、将来会社を担う可能性のある学生と接触できる最初の機会です。

この会社で働いてみたいと思ってもらえるように、学生目線に立った

さらに興味を持ってもらえるような説明会を目指し、

文字の情報では得られないリアルな情報を伝えて、自社のアピールをしてみましょう!

 

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ