Original

コンピテンシー面接とは?|通常の面接との違いや、よくある質問例


 新卒採用を行う上で、入社してもらった後に活躍してもらうことは、非常に重要です。

そこで、入社後に活躍してもらうためにも、自社で活躍している人材に共通する行動特性を定義し、その特性を備えているかどうかを判断する「コンピテンシー面接」が近年、普及しています。

自社で活躍する人材を採用する上で、絶対に知っていきたいコンピテンシー面接について、ご紹介します。


目次

 コンピテンシー面接とは

 コンピテンシー面接と普通の面接の違い

 コンピテンシー面接のメリット

 コンピテンシー面接でよくある質問例


コンピテンシー面接とは

 「コンピテンシー」とは、特定の業務や役割において、突出した成果を出し続ける人に共通する一連の行動や特徴・特性です。

また、「コンピテンシー面接」とは、このコンピテンシーを備えているかどうかを判断する面接のことを指します。


コンピテンシー面接では、自社で成果を出し続けている人たちの行動の共通項が評価の基準となることで、面接の中でも、就活生がその項目に合致しているか判断しやすいとともに、主観で判断せずに、客観的なデータで選考の判断を行うことができるため、面接の担当によって、評価の基準がブレることも少なくなります。


コンピテンシー面接と普通の面接の違い


通常の面接
コンピテンシー面接
面接の目的
「頭の良さ」や「礼儀」、
「会社とのカルチャーフィット」
しているかを判断する。
自社で活躍する人材の行動特性を
備えているかどうかを判断する。
評価基準
会社が定めた評価基準
活躍するための行動特性に
基づいたコンピテンシーレベル
質問の内容
会社が定めた評価項目を確認する質問
過去に取り組んだ具体的な事や、
達成するために行動したことに関する質問
回答の信頼性
表面的な質問に対する回答になるので、
低い。
実際の行動(事実ベース)なので高い。

コンピテンシー面接のメリット

 コンピテンチー面接を実施することのメリットは大きく2つあります。

1.採用後に活躍する確率が高い人材を見極めることができる

 コンピテンシー面接のそもそもの目的が、社内で成果を出し続けている人の共通項を備えているかどうかを判断することになるので、その行動特性を身につけているのであれば、入社後に活躍できる可能性は非常に高いです。



2.面接において、面談評価者による評価の基準がブレにくい

 コンピテンシー面接における評価項目は、行動特性を備えているかどうかの事実ベースで判断することができ、通常の面接はどちらかというと定性的な判断項目が多いので、誰が面接を担当しても、評価がブレにくく、公平に選考活動を進めることができます。



コンピテンシー面接でよくある質問例

 前述の通り、社内で活躍している人たちの行動特性を備えているかということを引き出すような質問の流れになります。

(例)

面接官:「これまでの大学生活の中で『自分が一番成果を出したこと』や『一番頑張ったこと』を教えてください。」

就活生:「大学2年生から、飲食店でアルバイトを始め、入店してから今までで売り上げを3倍まで上げることができました。」

面接官:「あなたはその飲食店のアルバイトの中で、売り上げを上昇させるにあたり、具体的にどういう行動をとりましたか?」

就活生:「大学3年生から、アルバイトリーダーを務め、「明るい居酒屋」にしたいと思い、ポスターを壁に貼ることや、メニューにイラストを入れること、BGMに明るい曲を選曲するなどしました。」

面接官:「どうして「明るい居酒屋」にこだわったのか、そしてなぜポスターを貼ったり、BGMにこだわることにしたのでしょうか?」


とこのように、どんどんと就活生の行動を深掘り、目的の達成のためにやったことだけでなく、なぜそのような行動をしようと思ったのかというところまで、掘り下げていきます。

しかし、就活生の中には、意識的に目的達成のために行動した人と、本能的に目的達成のためにその行動を起こしていたという人もいますので、うまく就活生の頭を整理しながら話せるように質問を組み立てることも重要です。


最後に

 今回は、コンピテンシー面接についてご紹介しました。

新卒を採用するにあたり、採用して終わりではなく、採用してから活躍してもらう必要があります。

そのため、きちんと社内で活躍している人を基準に採用することは非常に有効です。

ぜひ、会社の成長に欠かせない新卒を採用する上で、コンピテンシー面接を取り入れてみてはいかがでしょうか。

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ