Original

2019年新卒採用パンフレット制作の参考にしたい「事例4選」

新卒採用パンフレットへの記載内容には、

就活中の『学生が知りたい情報』を提供することが重要で、

「事業内容の理解」「会社への親しみ」「入社後の不安払しょく」などが必須事項です。

さらに中小企業の場合、大企業とは一線を画し、個性的で独自性の高い要素を持つことも重要で、

何より「興味を持ってもらう」と思わせることが大切なポイントです。

今回は、参考にしたいパンフレットを4社ご紹介いたします。

 

①らでぃっしゅぼーや株式会社

参考となる事例の一つ目は「らでぃっしゅぼーや株式会社」です。

パンフレットの表紙には、野菜を詰める段ボールと「らいでぃっしゅのもと」の文字、

段ボールを持った左手が描かれています。

一目で事業内容を理解でき、会社への親しみを湧き立てるとともに、何より個性的なデザインです。

ページをめくると、会社方針や事業概要の説明が担当部課長の言葉で記載されており、

入社後の不安を取り除く工夫がされています。

 

②村商株式会社

事例の二つ目は「村商株式会社」です。

パンフレットの表紙には大きな明朝体フォントで

「あんたの商社」の文字と四角印がデザインされています。

「あんた」という言葉が特徴的で、新卒採用の就活生へ投げかける言葉としても印象的です。

 

③日の丸交通株式会社

事例の三つ目は「日の丸交通株式会社」です。

昨今、運送業界は不人気な業界とされており、採用時期も大手企業の選考に落ちた就活生向けに作られていることが多いです。

パンフレットには「こころが燃料」という会社のコンセプトを記載し、中身にはタクシー業界の社会的な機能や、会社の発展性に至るまでをストーリー仕立てで描かれていて、就活生に伝わりやすい工夫がされています。

 

④株式会社ティンパンアレイ

四つ目は「株式会社ティンバンアレイ」です。五本の五線譜だけがデザインされ、どんな会社なのか興味を引き立てる作りになっています。いずれのパンフレットも、会社が伝えたいメッセージが明確ですので覚えておきましょう。

 

最後に

今回は、新卒採用で配布するパンフレットで印象に残る4社をご紹介しました。

最近は、Webで完結することも多いですが、手に取って何度も見てもらうということも重要です。

自社のメッセージをデザインも通して発信できたらいいですね!

この内容で送信します。よろしいですか?