Original

地方創生を題材にしたインターンシップを行う企業5選

今や、新卒採用の採用活動において欠かせない「インターンシップ」ですが、企業によって、実施しているインターンシップのコンテンツは異なります。

今回は、インターンシップを通して地方の課題を解決するなど地方創生を題材にインターンシップを実施している企業と、そのインターンシップの内容をご紹介します。


目次

 綜合キャリアグループ

 類グループ

 ソフトバンク

 リクルートキャリア

 ビズリーチ


綜合キャリアグループ

参照元:https://sougo-group.jp/newgrads/column/bible/20170324_2230/

 綜合キャリアグループが実施する地方創生インターンシップは、新潟に赴き、その土地や企業を自分の目で見て体験するプログラムになっています。

学生は、新潟の企業を取材して、首都圏に住む学生に新潟の魅力を発信し、新潟に住んでみたい!」「新潟で働くのもいいかも!」と思う若者を増やすことをミッションとして取り組みます。


類グループ

参照元:http://www.rui.ne.jp/recruiting/event/intern-group/intern-m.html

 類グループでは、福井県の若狭町と地方創生に取り組んでいる企業です。

そして、地方創生のインターンシップとしては、高校生向けに若狭町の名物旅館の「若女将インターンシップ」を実施しています。

また、さらなる優れた提案を行うために、4日に渡りフィールドワークや企画の提案・発表を行います。


ソフトバンク

参照元:http://recruit.softbank.jp/graduate/recruit/internship/ture-tech/

 ソフトバンクは、TURE-TECHと題し、次の時代を創る"変革リーダー"を目指す学生のためのインターンシップを実施しています。

兵庫県丹波市や長野県塩尻市の現場に赴き、ICTを用いた課題解決の提案を、直に地方自治体に行う地方創生インターンシップになっています。


リクルートキャリア

参照元:https://www.recruitcareer.co.jp/spirit/?ref=airinternmatome

 リクルートキャリアは、SPIRITと題し、次世代リーダーとして「イノベーションを起こし、社会を動かしたい」と志す学生を輩出するためのインターンシップを実施しています。

実際に地方に赴き、その現場でどういうことが起こっているのか、何が課題としてあるのか、それをどう解決するのかを生の声を聞き、チームで議論を重ねて解決策を練って最終的に現地企業の経営者に提案を行う、地方創生インターンシップになっています。


ビズリーチ

参照元:http://rm.bizreach.co.jp/internship2018spring/creative

 ビズリーチは、デザインで地方創生をを行うというインターンシップを実施しています。

ビズリーチはこれまで5省庁、44自治体と連携してきたという強みがあり、その繋がりを活かして、4日間でデザイン力を元に地方創生のインターンシップを実施しています。


関連記事

橋本 大祐

橋本 大祐

新卒採用担当者向け情報サイトSAIYOの編集長。 これまで、新卒採用に関するコンサルティングやイベントを実施。 キャリタス就活、OfferBoxやgoodfindなどの新卒採用支援企業や、東京大学・日本大学などでの新卒採用に関するイベントでの9つのイベントに登壇実績あり。

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ