Original

新卒採用のダイレクトリクルーティングを成功させる方法とオススメサービス3選

「自社で採用したい人物像をきちんと採用したい。」「もっと採用活動を効率化したい。」

と考えていらっしゃる企業にオススメなのが、ダイレクトリクルーティングです。

新卒採用においても、ダイレクトリクルーティングは有効な採用手法の1つとされていて、支援している企業・サービスも多いです。

今回は、新卒採用のダイレクトリクルーティングを成功させるためのポイントとオススメのサービスをご紹介します。


目次

 ダイレクトリクルーティングとは

 新卒採用においてダイレクトリクルーティングを成功させるポイント
  1.採用したい人物像を明確に定義する
  2.採用したい人物像に合わせて、スカウトするツールやサービス、手法を変える
  3.就活生の興味度を上げていくような施策を実施し続ける

 新卒採用ダイレクトリクルーティングのオススメサービス
  1.サポーターズ
  2.Offer Box
  3.Future Finder

まとめ


ダイレクトリクルーティングとは

 ダイレクトリクルーティングとは、採用したいと思う人物に、企業側から積極的にアプローチする採用手法です。

オファーをすることができるサービスを活用することや、twitterなどのSNSで連絡するなど、これまでの「待ち」の採用から、「攻め」の採用に変わっていることを象徴する言葉です。

引用:ダイレクトリクルーティングとは|「新卒採用」用語集

ダイレクトリクルーティング キーワード流行度

上の画像は、過去5年間で「ダイレクトリクルーティング」というキーワードの検索の人気度の動向です。

「ダイレクトリクルーティング」は、2014年から徐々に使われはじめ、今では新卒採用・中途採用など採用手法の1つとして定着しています。


新卒採用においてダイレクトリクルーティングを成功させるポイント

 新卒採用でダイレクトリクルーティングを成功させるためには3つのポイントがあります。


1.採用したい人物像を明確に定義する

 ダイレクトリクルーティングを行うには、まずどういう人を採用したいのかを明確にする必要があります。

資格などのスキルやこれまでの経験、人柄など、きちんと採用したい人という人を決めてダイレクトリクルーティングを行うことで、最初から最後までブレずに、採用活動を行うことができます。

反対に、感覚値でいいと思った学生にダイレクトリクルーティングを行うと、その人のどういうところをいいと思ったのか、本当に採用したい人物なのかという軸がブレていまします。

そのため、新卒採用のダイレクトリクルーティングに限らず、最初に採用したい人物像を定義しましょう。


2.採用したい人物像に合わせて、スカウトするツールやサービス、手法を変える

 ①で採用したい人物像が定義できたら、次はその人物像に合わせてスカウト・連絡するツールやサービスを選定しましょう。

Twitterを頻繁に活用して情報発信をしているような方が採用人物像であればSNSからDM(ダイレクトメッセージ)を送ることも手ですし、それぞれ登録している人物像が異なるサービスを使い分けることも重要です。

また、スカウトした後、すぐに会社説明会や面接に招待するのではなく、ランチや社内のパーティーなどに招待するなど、それぞれ手法を変える必要もあります。

採用したい人物像に合わせ、ファーストコンタクトに何を使うか、その後何に繋げるのが適切なのかを考えましょう。


3.就活生の興味度を上げていくような施策を実施し続ける

 ダイレクトリクルーティングの場合、就活生が自社を知らないケースもあります。

そのため、その就活生の志望している業界や業種が一緒だから自社に興味を持つかというとそういう訳ではありません。

そのため、コミュニケーションを取り、その就活生が少しずつでも自社に興味を持ってもらえるように接し続けましょう。

 ダイレクトリクルーティングで接点を持った就活生限定の選考ルートを設けるなどして、個人に合わせて興味・志望度を上げていくことが重要です。


新卒採用ダイレクトリクルーティングのオススメサービス

1.サポーターズ

サポーターズ

サポーターズは、

・エンジニアの就活生

・ITのベンチャー企業を志望している就活生

の登録者が多いです。

そのため、新卒採用のダイレクトリクルーティングを実施する上で、エンジニアを採用したい場合、ITのベンチャー企業志望の就活生を採用したい場合オススメのサービスです。


2.Offer Box

Offer Box

Offer Boxでは、登録人数が約10万人と多くの就活生が登録をしているサービスです。

Offer Boxに登録している就活生は、プロフィールが非常に充実していることが多いので、

・これまでの経験

・アピールポイント

・インターン経験

など幅広いスキルや経験などから、採用したい人物を探すことができます。

そのため、スキルや過去の経験などから採用したい就活生を探す場合にオススメのサービスです。


3.Future Finder

Future Finder

Future Finderは、就活生の自己分析に使われることが多いほど、「特製の診断」のデータが豊富です。

・志向性

・性格特性

などから、採用したい人物を探すことができます。

そのため、自社との適性がありそうかだったり、性格・志向を元に採用したい就活生を探す場合にオススメのサービスです。


関連記事

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ