Original

新卒採用担当者として成長する為にやるべき「2つの方法」とは?

新卒採用担当者は、これから自社で成長して活躍してくれる学生を採用することがお仕事です。

若い学生は大きな可能性を秘めており、まさに成長盛りのタイミングでお話する機会が多いことでしょう。

採用担当者も、同じように日々成長し、自社のこれからを担う理想の学生を採用できるようにしていきたいですね。

今回は、新卒採用担当者として成長する為にやるべき2つのことをご紹介します。

 

①とにかくたくさんの学生に会ってみる

1つ目の勉強方法は、とにかくたくさんの学生と会って話すことです。

これは、学生が自社のどのようなことに興味を持つのかがはっきりしていない段階や、

学生のトレンドをいまいち把握できていない段階でオススメです。

採用担当者として成長するためには、求職者のことを理解する必要があります。

セミナーや勉強会で学べることは表向きの内容だけです。

しっかり身に付けた知識を外に出し、効果検証して、どんどん改善していくことが

成長の第一歩になるでしょう。

しかし、ただ漫然と学生に会っても勉強にはなりません。

目的をもって会い、どのように会社を紹介したら魅力的に映るかを考えておきます。

その紹介の仕方を学生の反応によって変えていくのです。

紹介方法をいくつも持っておくことで、それぞれの学生に合った紹介ができるようになります。

場数を多く踏むことで、自分なりのやり方を見つけていきましょう!

②他の企業の採用担当者と交流する


2つ目の勉強方法としては、他の企業の採用担当者と交流することです。

採用方法などの情報交換はもちろんですが、学生についての情報なども教えてもらえる場合があります。

学生と接する際の心構えや、採用において意識していることなども学ぶことができるでしょう。

なかなか他の企業の人事とお会いできる機会は少ないので、他企業との交流ができる場合には積極的に参加しましょう。

自社のやり方に固執せずに、他の企業の良い手法があれば参考にして、

自社の採用活動に活かすことで、より効率的な採用活動を送れるかもしれませんね。

最後に

今回ご紹介した2つの勉強方法は、採用活動の初期にオススメするものです。

序盤で、多くの学生や他社の採用担当の方とお話することで、

その年の採用活動に対してある程度方針を決めて、採用活動を行うことができることでしょう。

是非、実践してみてください!

この内容で送信します。よろしいですか?