Original

雇用保険に加入する事業主・企業側のメリットとは?

雇用保険とは、従業員の万が一の失業に備えるための社会保険制度として認知されていますが、育児や介護で収入が少なくなる方への支援などの役割もあります。
また、雇用保険は、従業員側にのみメリットがあるのではなく、企業側にもメリットはございます。
今回は、雇用保険の意味・目的や、従業員・企業側にどのようなメリットがあるのかをご紹介します。


目次

 雇用保険とはどのような制度?

 雇用保険の企業側のメリット
  1.アルバイトやパートの方の採用のPRになる
  2.補助金や給付金がもらえる


雇用保険とはどのような制度?

雇用保険とは、政府が管掌する強制保険制度です。

雇用保険は、

  • 労働者が失業してその所得の源泉を喪失した場合、労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合及び労働者が自ら職業に関する教育訓練を受けた場合に、生活及び雇用の安定と就職の促進のために失業等給付を支給
  • 失業の予防、雇用状態の是正及び雇用機会の増大、労働者の能力の開発及び向上その他労働者の福祉の増進を図るためのニ事業を実施

する雇用に関する総合的機能を有する制度です。
(引用元:ハローワークインターネットサービス

一言で言うと、従業員の雇用の安定や、雇用の促進を目的に設けられている保険制度です。


雇用保険の企業側のメリット

1.アルバイトやパートの方の採用のPRになる

アルバイトやパートには雇用保険の加入に条件があります。
 1.会社が雇用適用事務所であること
 2.週20時間以上、31日以上の雇用が見込まれていること
以上が条件になります。
会社として、アルバイト・パートの方が雇用保険に加入できるというのは、1つPRできるポイントになります。


2.補助金や給付金がもらえる

厚生労働省が定める条件を満たしている場合、補助金や給付金がもらえる他、生産性を工場させた企業もさらに割り増しされることもあります。

以下、条件をいくつか記載します。

 ・休業、教育訓練や出向を通じて従業員の雇用を維持する
 ・学校等の既卒者、中退者が応募可能な新卒求人・募集を行い、新たに雇い入れる
 ・施設整備をして5人以上の障害者を雇い入れる
 ・評価・処遇制度や研修制度、健康づくり制度、メンター制度、短時間制社員制度を整備する
 ・男性労働者に育児休業を取得させる
 ・労働時間等の設定の改善により、所定外労働時間の削減や年次有給休暇の取得促進を図る

以上は、一部になりますので、厚生労働省のホームページでご確認ください。


関連記事​​​​​​​

橋本 大祐

橋本 大祐

新卒採用担当者向け情報サイトSAIYOの編集長。 これまで、新卒採用に関するコンサルティングやイベントを実施。 キャリタス就活、OfferBoxやgoodfindなどの新卒採用支援企業や、東京大学・日本大学などでの新卒採用に関するイベントでの9つのイベントに登壇実績あり。

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ