Original

【就活スケジュール2019年卒ver】就職活動の開始の時期とは?

 

3月になり、採用活動が解禁となったことで、就活生も採用側も非常に慌ただしい時期かと思います。

毎年、就職活動のトレンドが変化しているため、採用活動もそれに合わせて変化していく必要があります。

今回は、2019年卒の就職活動のスケジュールから、採用活動をどう進めるべきかをご説明しております。

(過去記事:【就活スケジュール2018年卒ver】就職活動の開始の時期とは?

目次

 2019年卒の就職活動のスケジュールとは?

 経団連の採用スケジュールはどうなっている?

 2019年卒の就職活動の現状とは?

 採用担当者はどうすれば良いのか?

2019年卒の就職活動のスケジュールとは?

2019年卒 就活スケジュール

(参照元:マイナビ2019 学生のための就職情報サイト

マイナビ2019のまとめたデータによりますと、2018年3月のエントリー開始のタイミングに備えてそれまでにサマーインターンシップやウィンターインターンシップに参加したり、自己分析・業界分析・OBOG訪問を行います。

その後、6月から本格的に面接や試験などが始まるというようなスケジュールになっております。

スケジュールに関しては昨年とあまり違いはないようです。

経団連の採用スケジュールはどうなっている?

経団連が発表した「採用選考に関する指針」によりますと

広報活動 : 卒業・修了年度に入る直前の3月1日以降
選考活動 : 卒業・修了年度の6月1日以降

となっております。

そのため、経団連に所属している企業は、3月1日から自社の採用サイトや他の就活サイトなどで募集要項を出し、プレエントリーを募ることができます。

また、6月1日から面接や試験を実施し、就活生を選抜したり内々定を授与することができます。

2019年卒の就職活動の現状とは?

2019年卒 就活の現状

こちらのグラフは、【2019年卒版】就活生のデータから見る採用活動の見通しとは?でもご紹介いたしましたが、2019年卒の就職内定率の推移となります。

2019年卒業の就活生の内定率はここ数年で1番高くなっており、例年よりも早いスピードで採用活動が行われていることが分かります。

売り手市場が続いているということや、一部の就活生のナビ離れなどで就職活動を早くに始め、早くに内定を獲得するという動きが要因だと考えられます。

採用担当者はどうすれば良いのか?

上記で、2019年卒の内定率が近年で一番高いとご紹介しました通り、就活生の動き方がこれまでと変わってきております。

しかしそんな中でも、自社で採用したい学生の人物像を定義し、その学生像にアプローチできるように施策を打っていくことが重要です。

これまでの正攻法を過信しすぎず、自社の採用したい人物像にあったサービスを使うことやイベンをを実施することで、採用活動を進めていきましょう。

SAIYOでは、採用活動のお困りのことのご相談を実施しております。

お気軽にお問い合わせください。

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ