Original

人事部の仕事内容とは?人事担当の役割・やりがいをご紹介

人事部の仕事というとどのような業務内容を思い浮かべますか?

人事部の仕事内容は、採用活動や、人事異動の調整、社員教育などを始めとして、会社の「ヒト」に関わることを全般的な範囲とし、「ヒト」という資源を最大限活用することが人事部の役割です。

今回は、人事部の具体的な仕事内容や、役割をご紹介します。


目次

人事部とは?

人事部の役割とは?

人事部の具体的な仕事内容とは?
 1.採用業務
 2.教育・研修
 3.人材配置・異動
 4.人事評価制度の企画と立案
 5.労務管理
 6.その他

人事部で得られるやりがい・スキルとは?


人事部とは?


会社は社員やアルバイト、契約社員など沢山の人が集まって構成されております。

人事部は、会社に属するあらゆる人がいかに意欲的に働けるか、心理的安全は守られているかを見て、制度や環境を整えることや、組織の成長を「ヒト」という側面から後押しします。

そのため、仕事内容は非常に多岐に渡っています。


人事部の役割とは?


企業において、重要な資産は「ヒト」「カネ」「モノ」「情報」とされておりますが、人事部はこの中でも「ヒト」を最大限活用し、組織を存続、さらには発展させる役割があります。

採用活動から人材配置、教育などあらゆる側面から、人材を育成・強化し、組織を発展させます。

また、経営目線だけでなく、社員目線からも安全・健康管理をみることや、モチベーション管理なども行います。

最終的な目的は、「ヒト」という側面から組織成長を後押しするということになります。


人事部の具体的な仕事内容とは?


前述の通り、人事部の仕事は非常に多岐に渡っており、今回は5つご紹介いたします。

1.採用業務

採用業務においても新卒採用と中途採用の2つに分かれます。

採用業務の基本的な流れは以下となっております。

1-1.採用計画を立てる

各事業部の人員などを考慮し、どのような人材が何名必要なのかを定義し、いつまでに採用をしなければならないのかを計画に落とし込みます。

1-2.母集団形成・求人

1の採用計画に基づき、採用人物像に合わせて、どのサービス・求人サイトを使うべきなのか、どの人材紹介会社であれば紹介してくれそうなのかなどの情報を集め、選考を受けてもらう人を集めます。

また、会社説明会を実施して、採用したい人物との接点を持てるようにします。

1-3.選考・面接

3で集まった方を採用するか判断するために、履歴書を見たり、面接を設定し、採用人物像に合致するかを見極めます。

1-4.内定

3の選考・面接をパスし、最終選考まで通った場合は、合否の連絡や、内定承諾書にサインしてもらいます。

1-5.内定者フォロー

採用活動は、内定を出して終わりではありません。入社するまでに気持ちが変わったということも往々としてあります。

そのため、社内イベントに招待したり、課題を提示したりなど、当人のモチベーションを下げることなく、入社してもらえるようにフォローを行います。

1-6.入社後の案内

晴れて入社した方に対して、社内規定の説明や、口座解説や保険などの説明を行います。

以上で、採用業務の1通りの流れとなっております。

また、近年では、リファラルリクルーティングと呼ばれる、自社社員に”採用したいと思えるような人材”を紹介してもらう手法が浸透しておりますが、このような採用活動における、社内制度の創設・整備を行います。


2.教育・研修

特に新卒で入社した社員にとっては、研修は必要不可欠です。

内容によって、自社の社員を講師としてアサインするか外部の講師に依頼するかを判断し、ビジネスマナーや基本的な知識・スキルを身につけてもらいます。

また、中途社員や社員に関しても、仕事に必要な知識をスキルを身につけてもらうことや、マネージャーや管理職に対しては、マネジメント研修を行うなど、立場によっても色々準備をする必要があります。


3.人材配置・異動

各事業部の状況を考慮するとともに、各社員が力を発揮してもらうために適性を図り、人材の配置や異動を決定します。

個人のモチベーションを保つことや、幅広く知見を持ってもらうこと、組織の活性化のために、定期的にジョブローテーションを行なっている企業もあります。


4.人事評価制度の企画と立案

「評価制度」や「報酬制度」など、頑張っている人を評価し、評価に見合った給料や職位を提供するために、人事評価制度を企画します。

また、会社の状況や各事業部の状況を見て、ボーナスや臨時報酬をどうするのかなども判断します。

会社に属する人が活躍し続けてもらうために、制度を整えて、見直し改善することが仕事内容となります。


5.労務管理

勤怠管理や社会保険に関する業務、福利厚生の管理、社員のモチベーションの調査・把握などを行います。

会社で働く上で、必要な支払いや手続きを行う他、社員の退職リスクを予防するために、モチベーションの管理などを行います。


6.その他

仕事における心身の不調に悩む人に、産業医を紹介して治療してもらうことや、セクハラ・パワハラの対応など、他にも「ヒト」に関わる幅広い仕事があります。


人事部で得られるやりがい・スキルとは?

人事部 仕事 面接

人事部ならではの得られるやりがいや、スキルというのは、業務範囲が広いので、多様にありますが、今回は代表的なものを3つずつご紹介いたします。


1.人事部で得られるやりがいとは?

1-1.1年に1度、非常に大きな達成感を味合うことができる

新卒採用業務においては、1年サイクルでの業務になりますので、その分達成感が大きいです。

自分たちが採用をした人たちが、自分の会社に入社する日はとても感慨深いものです。

1-2.自分で採用した人が評価や表彰され、自分も嬉しくなる

こちらは新卒や中途に限らず、自分で採用をして、入社してくれた方が、その後社内で活躍をして、会社に貢献しているのを耳にするのは非常に嬉しいです。

この時に、あの時に採用できてよかったと思い返す瞬間にもなります。

1-3.多岐に渡る作業を終えた時の達成感

人事部の仕事は、前述の通り、非常に多岐に渡るので、全て片付けた時の達成感が非常に大きいです。

例えば、年末調整や労務の手続きなど、それぞれ季節ごとに対応することがありますが、きちんと納期までのやり遂げることができると非常に嬉しいです。

全般的に、自分が行なった仕事が、組織を前に進めていると実感できる時にやりがいを感じることが多いとされています。

もちろん、やりがいを主観ですので、人それぞれ異なります。


2.人事部で得られるスキルとは?

2-1.コミュニケーション能力

人事の方は、社内の社員や、採用活動での面談などで非常に話す機会が多いです。

自分がどう思っているか話すだけでなく、会社としての意向を伝える必要がある他、特に採用における面接では、いかにその人の持っているものを聞き出せるかという質問力も磨き続ける必要があります。

そのため、社内外問わず、「話す」「聞く」という機会が多いので、コミュニケーション能力は向上すると考えられます。

2-2.プレゼンテーション能力

会社説明会や、研修などを担当することも多いですが、その際に、数十〜数百名の前で話す機会が結構あり、「多くの人に響かせるためにはどうすれば良いか」を考えるので、プレゼンテーションの資料作成のスキルから、人前で話す能力も伸びやすい職業になります。

2-3.情報収集能力

業務が多岐に渡っていることに加え、ミスが許されない仕事が多いので、法律の改正がないかや、社内において何か問題は内科など幅広く情報収集をする必要があります。

また採用活動もこれまでのやり方がうまくいかなくなっているので、どのようにしたら採用したい人物像の人と接点を持つことができるのかの情報収集は不可欠です。

そのため、普段から情報収集を行う必要があるので、必然的に身につくものでもあります。

他にも、タスク処理能力や、マルチタスクを行う能力など幅広く経験を積み、スキルを磨くことができる仕事を行なっております。


関連記事

橋本 大祐

橋本 大祐

新卒採用担当者向け情報サイトSAIYOの編集長。 これまで、新卒採用に関するコンサルティングやイベントを実施。 キャリタス就活、OfferBoxやgoodfindなどの新卒採用支援企業や、東京大学・日本大学などでの新卒採用に関するイベントでの9つのイベントに登壇実績あり。

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ