Original

障害者雇用とは|「新卒採用」用語集

障害者雇用とは

国が障害を持っている方も一般の人と同様に働ける社会を目指して、施策を実行しており、その制度を障害者雇用促進法といいます。

法律によって、従業員50名以上の民間企業に対して2.2%の法定雇用率を義務付け、未達成な企業に関しては、(不足人数×5万円)を毎月支払う必要があり、法廷雇用率を上回っている場合は、(上回った人数×2万7千円)が支給されます。

今後も法定雇用率は引きあがる予定となっております。

この内容で送信します。よろしいですか?