お役立ち記事

上位校就活生向けマッチングサイト「レクミー」の特徴や活用するメリットとは?

 上位校の就活生を採用したい、社員に魅力を感じてもらった上で選考にエントリーして欲しいなどの課題を持っていらしゃる企業にオススメなのが「レクミー」です。

社員のプロフィールを元にマッチングを計り、オンラインでもオフラインでも就活生と接点を持つことができるサービスになっています。

今回は、レクミーのマッチングの仕組みや評判などをご紹介します。

目次

 レクミーの特徴とは

 レクミーのマッチングの仕組み

 レクミーに登録している学生はどんな学生?

 レクミーの評判

レクミーの特徴とは

 レクミーとは、「上位校」の就活生のみが登録することができるサービスとなっており、国内最大級の最上位校の学生と出会うことができる新卒採用におけるマッチングサイトになっています。

また、Web上への掲載以外にも

・OBOG大訪問会

・合同説明会(レクミーLIVE)

・少人数座談会

・業界研究会

・個別送客

のようにリアルの場でも接点を持つことができるようになっています。

中でも、レクミーLIVEは常に上位校の就活生600~2,000名程度を集客する人気イベントになっているとのことです。

レクミーのマッチングの仕組み

レクミー マッチング仕組み

(出典:レクミーホームページ

 レクミーのマッチングの仕組みは、まず企業が掲載する際に、自社の社員のプロフィールやインタビューなどの情報を掲載します。

その社員の情報を見て、就活生が「話を聞いてみたい」「自分もその人のようになりたい」ということでその企業に就活生側からコンタクトを取るような流れです。

そのため、会社の魅了を通して興味を持ってもらうというよりも、社員の魅力を通して興味を持ってもらうような、「人」を軸とした仕組みになっています。

レクミーに登録している学生はどんな学生?

レクミー 登録学生

 レクミーには、約上位校学生の1/3にあたる、13,000名ほどが登録するサービスになっています。

早稲田大学と慶應義塾大学で約半数となっていますが、東京大学、京都大学、大阪大学など旧帝国大学の学生も多く登録するサービスとなっています。(2016年卒業の就活生のデータ)

レクミーの評判

 では、上位校学生のみが登録することができるレクミーですが、どのような評判なのでしょうか?

それぞれネット上に掲載されている、良い評判とよくない評判をご紹介します。

良い評判

 ・実際の企業の社員さんの情報を開示しているサイトは少ないので、参考にしやすい

 ・実際にサイトを見て興味を持った社会人に会いに行くことができる

良くない評判

 ・上位校限定のサイトということもあり、掲載している企業は大手や大きめの会社が大きい。ベンチャーやスタートアップ志向の人は合わないと思う

などの評判がネット上に掲載されていました。

レクミーの他にも、学生とマッチングできるサービスはいくつかあります。

ぜひ、関連記事から他のサービスもご確認ください。

関連記事

  • この記事を書いた人

橋本 大祐

-お役立ち記事
-

© 2020 SAIYO