お役立ち記事

ヒューマンスキルとは?採用における重要性や社会人に必要な10個の能力一覧をご紹介

 ヒューマンスキルとは、管理職を始め様々なビジネスマンに求められる能力の1つです。

ヒューマンスキルを持つ人材を採用することにより、会社に貢献してくれることはもちろん、周囲の社員への働きやすさにも繋がるため、会社にとっては非常に価値の高い人材になります。

今回は、そのヒューマンスキルの意味や10に分類することができる種類の一覧、ヒューマンスキル人材を採用することの重要性をご紹介します。

目次

 ヒューマンスキルとは

 ヒューマンスキルとコンセプチュアルスキルとテクニカルスキル

 ヒューマンスキルの種類一覧

 採用におけるヒューマンスキルを持った人材の重要性

ヒューマンスキルとは

ヒューマンスキル

 ヒューマンスキルとは、アメリカのハーバード大学の経営学者ロバート・カッツが提唱した、管理職に求められるマネジメントに必要な能力の1つです。

日本語では、「人間力」や「対人関係能力」などと訳され、周囲との人間関係を良好に保つために必要な能力です。

マネジメントを行う管理職以外のビジネスパーソンにも普遍的に必要なスキルとして、注目されています。

ヒューマンスキルとコンセプチュアルスキルとテクニカルスキル

ヒューマンスキル テクニカルスキル コンセプチュアルスキル

 マネジメントに必要な能力とは、

 ・コンセプチュアルスキル(概念化能力)

 ・ヒューマンスキル(対人関係能力)

 ・テクニカルスキル(業務遂行能力)

の3つに分類され、それぞれ役職や職種によって求められるスキルの比重が変化します。

管理職など役職が上の者は、よりコンセプチュアルスキルが求められ、現場で作業を行う一般社員にはよりテクニカルスキルが求められます。

ヒューマンスキルの種類一覧

 ヒューマンスキルは非常に幅広く、具体例を挙げると10種類あります。

ヒューマンスキルの種類一覧

コミュニケーション能力

調整力

交渉力

向上心

プレゼンテーション力

ファシリテーション力

部下への動機付け(働きかけ力)

ヒアリング力

リーダーシップ

ロジカルシンキング

それぞれに共通することが、このヒューマンスキルは、自分で完結するものではなく、自分以外の相手がいる際に必要な力になります。

この10個の中では、とりわけコミュニケーション能力が全ての土台になっており、その土台がしっかりしていることが前提で他の能力が求められます。

採用におけるヒューマンスキルを持った人材の重要性

ヒューマンスキル 採用 重要性

 新卒採用・中途採用において、ヒューマンスキルを持った人材を採用するためには、書類選考の時には見えづらい能力になりますので、面接の際に、これまでの成し遂げたことや普段の周りとの接し方をヒアリングし、ヒューマンスキルを備えているかを判断する必要があります。

ヒューマンスキルを持った人材を採用することによって、どの役職でも活躍・チームを引っ張っていく土台の力を持っているので、チームと会社に貢献するというのと、そのヒューマンスキルを持った人材の周りの社員にとっては、風通しが良く働きやすい環境が生まれるので、会社にとって非常に価値の高い人材になります。

そのため、採用活動においてヒューマンスキルを兼ね備えた人材を採用することは非常に重要です。

他にも採用した人材の育成や人事・採用担当者に必要なスキルをまとめた記事を公開しております。

ぜひご覧ください。

関連記事

  • この記事を書いた人

橋本 大祐

-お役立ち記事
-

© 2020 SAIYO