Original

ポジティブフィードバックの意味とは?「褒めて伸ばす」3つのポイントを紹介!

チームで仕事をする時に、メンバーの仕事ぶりを評価する際や、チームでより働きやすい状態で働けるように、メンバー間もしくは、上司から部下に「フィードバック」を行うことがあるかと思います。

しかし、フィードバックの仕方によっては、メンバーのモチベーションが下がってしまう可能性もあります。

採用活動も就活生にインターンシップや面談・面接の後に、フィードバックをする機会があるかと思いますが、そこで就活生にも「もっと成長したい」と思ってもらえるような価値を提供する為に、ポジティブフィードバックを意識したいですね。

今回は、事例を元に、ポジティブフィードバックのポイントについてご紹介いたします。

目次

ポジティブフィードバックとは

そもそものフィードバックの目的とは

ポジティブフィードバックの3つのポイント
 1.「プロセス」を評価する1.「プロセス」を評価する
 2.「結果」を評価する
 3.「成長したことを評価する」

ポジティブフィードバックの効果・メリット

まとめ

ポジティブフィードバックとは

ポジティブフィードバックとは、上司から部下、あるいはメンバー同士(採用活動だと、採用担当から就活生)で、言動や成果に対して、良い部分を見つけ出し、褒めることや前向きな言葉を相手に伝えて、さらなる成長を促すためのフィードバックです。

この際に重要なのは、「良い部分」に対して「褒めたり、前向きな言葉を伝える」ことです。

ただのフィードバックではなく、ポジティブな言葉を伝えるというのが特徴です。

そもそものフィードバックの目的とは

そもそものフィードバックを行う目的とは何でしょうか。

フィードバックとは、食べ物(栄養を与える)「Feed」と返す「Back」を組み合わせた言葉です。

つまり、「相手の能力を向上させるために行うこと」です。

そのため、ただ改善点を伝えるのではなくて、相手の能力を向上させる為に一番良い伝え方を考えた上で取り組む必要があります。

ポジティブフィードバックの3つのポイント

上で述べている通り、フィードバックは「相手に一番良い伝え方」を考える必要があります。

では、事例を元にポジティブフィードバックのコツをご紹介します。

1.「プロセス」を評価する

何事においても、頑張れば必ず成果がでる訳ではありません。

場合によっては、運やタイミングによっては、頑張っている人よりもさほど頑張っているように思えない人の方が結果を出している場合もあります。

そういう時は、すごく落ち込んでしまい、モチベーションが下がるように思われます。

こういう時は、「プロセス」を評価するようにしましょう。

プロセスを評価されると、やっていることは決して間違っていないということや、これまでの頑張りは無駄ではなかったと振り返ってもらうことができます。

その上で、もっとこういうところを改善すると良いということを伝えてあげるとさらに良いです。

2.「結果」を評価する

結果は数字などによって、誰にでもわかる形で表されます。

その結果が優れている場合は、率直に結果に対して前向きな言葉をかけると良いです。

結果を出したということは、その結果を出す為に、しっかりと計画を立てて行動したと考えられるので、結果を褒めるということは、それまでのプロセスを褒めることにも繋がります。

3.「成長したこと」を評価する

初めて取り組むことや、あまり経験がないことは、なかなか結果も出にくいですし、成果が出るやり方を確立できている訳でもないことが多いです。

その為、小さなことでも以前と比較して「成長したこと」を評価することも重要です。

周りからするとそこまで大したことがないように思えることも、当人にとっては、非常に大変だったことかもしれません。

その為、成長したことに目を向けて評価し、その次はこういうことを頑張ろうと導くのも良いです。

ポジティブフィードバックの効果・メリット

ここまで読んでいただければすでに、どういう効果・メリットがあるかは想像できるかもしれませんが、ポジティブフィードバックの効果・メリットは大きく3つあります。

①さらに頑張ろうというモチベーションを上昇させることができる

②その人の結果なりプロセスを見た上で評価してくれていると感じ、関係値がよくなる

③個々人の成長意欲・モチベーションの上昇により、チーム力も上がる

の3点です。

伝え方によって、これだけ大きく変わるのであれば、きちんと相手に響く伝え方を意識したいですね。

まとめ

今回は、ポジティブフィードバックについてということや、その事例、効果・メリットをご紹介いたしました。

採用活動においても、チームで取り組む中でも、ポジティブフィードバックを意識すると、相手が受ける受ける効果は大きく変わってきます。

是非、今後にお役立てください!

この内容で送信します。よろしいですか?