Original

【採用コンサルタント】人事・総務が取るべき資格のその内容とは?

採用コンサルタントの資格とは?

採用コンサルタントの資格とは、「人材採用の意義・重要性を明確にし、経営視点に立脚した人事・採用業務のあり方を学ぶコンサルタント資格です。
体系的な知識を習得することにより、市場に左右されない採用プロセスの構築と実践が可能となります。
企業の人事・採用担当者、および大学の就職指導担当者必携のビジネス資格です。」(一般社団法人総合経営管理協会:http://www.sogokeiei.or.jp/s_consultant/)

採用コンサルタントとは、約7年前に創設された資格で、
採用担当者を始め人材紹介会社を始めとして、様々な方が受講をしています。

採用コンサルタントの資格取得までの流れ

採用コンサルタントの資格を取るには、
3ヶ月の通信教育に、スクーリング、認定試験を加えて、約4ヶ月のプログラムになっています。
(短期集中プログラムも用意されているとのこと)
人事業務の中でも、人材採用のスポットを当てて、市場動向から採用計画、内定フォローに至るまで体系的に学習します。

受講料は、税込95、000円で、受講後、認定審査に合格された方にのみ資格が付与され、認定証と認定カードが後日付与されます。

最後に

採用担当者の中には、どうしても自社のそれまでのやり方や、世間一般的な採用手法に囚われてしまい、
時代・時期に合った適切な採用活動を行えないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
その中で、幅広い採用手法の引き出しを持っておくことや、改めて採用の一連の流れを習得することで、
より効率的に採用活動を行えるようになるのではないでしょうか。

誰かに頼る前に、まずは自分で学んで実践してみて、自社に合った採用活動を行うというのもいいかもしれないですね。
是非、採用コンサルタントの資格にもチャレンジしてみてください!

人気記事ランキング

新着記事

タグ


月間アーカイブ